たった1週間あれば誰だってすぐに英語で言いたことが話せるようになる方法。

どうも、リョウです。

今日は

・言いたいことを英語でスラスラ言えるようになる方法

について話していこうと思います。

 

英語がペラペラじゃなくても、

しっかり言いたいことが英語で言えるようになれば

海外の人とでも会話がめちゃくちゃ続くようになります。

 

聞かれたことに対してとっさに言い返すのも、

はっきり言って超カンタンになります。

 

いままで英語を話すときに詰まっていたのは

いったいなんだったんだ・・・ってなります。

 

英語で言いたいことを言うアドリブ力を身につけて、

私はホントに人生変わりました。

 

最高です。

 

で、そんな人生を変える力がある、

とっさに言いたいことが言える英語のアドリブ力ですが

 

肝心なのは、

どうすれば英語をアドリブでも

とっさに言えるようになるのか?

 

って話ですよね。

 

で、結論から言うと、

日頃から英語をつぶやきまくる。

ってことです。

 

要はひとりごとです。

 

あ、ひとりごとといっても、

覚えたフレーズを使う、

とかそういうことじゃないです。

 

普段使っている日本語をそのまま英語にしていくんです。

 

「あぁ、お腹すいたー」

と言いたくなったら

「I’m Starving~」

(飢えて死にそう~)

 

とつぶやく。

 

「あ、筋トレしないと!」

「Oh, I have to work out!」

 

とつぶやく。

 

という感じです。

 

これをやるだけでとっさに話す力が

バカみたいに上がります。

 

嘘みたいな話ですけどね。

 

これがマジでうまくなるんです。

 

正直、フレーズを覚えたり

単語帳をめくって単語を暗記したりするよりも

めちゃくちゃてっとり早いです。

 

というより実際のところ、

覚えたフレーズ、単語って全体の1割も使いません。

 

私もとりあえず覚えておけばなんとかなるだと、

と思ってくっそ遠回りした身です。

 

私は英語を話すのが高校の頃からずっと苦手でした。

 

授業中に周りが思わず吹き出すくらいのカタカナ発音で、先生に何度も何度も発音を直される始末でしたから。

そんな状態で大学に入って

英語を話すために行動しても、

そもそもいくら勉強してもまったく話せずに超苦戦。

 

いや、ホントに苦労しました。

 

まず、あいさつまではできるんです。

 

発音は下手くそながらも

「Hello, How are you?」

まではテンプレです。

 

が、そこから話を続けたいと思っても

全く何を言っていいのかさっぱりわからず、

ただ苦笑いをするしかない。

 

もしくは、

相手が言ったことを必死で理解しつつ、

ただうなずくことしかできませんでした。

 

「え、ホントにこんなレベルで、

英語を話せるようになれるのか?」

 

と自分で自分を疑ってましたからね。

 

いざ会話が続いても、

そもそも自分の言いたいことがまったく言えない。

 

ノドまで出かかっているのに

それを英語にして言うことができない。

 

結局、隣にいた日本人の友人に

なんとか英語に訳してもらって

会話を続ける始末です。

 

  • いくら単語を覚えても
  • いくら英熟語を身につけても
  • いくら例文を暗記しても

 

まったくと言っていいほど会話ができない。

 

で、そんな感じで悪戦苦闘して

なんとか英語で言おうとしても

 

覚えたてのややこしい単語を使って話すから

英語圏の人にすら

「何がいいたいのかちょっとわからない」

と言われる始末。

 

「えっ、それってどういうこと?」

と聞き直されても、

そもそもとっさに別の言い方ができないので

ただ黙ることしかできませんでした。

 

めちゃくちゃ凹みました。

 

それ以来、英語を話すことがトラウマになったのは言うまでもありません。

 

内心すげー悔しかったです。

 

だから、こんな状況を脱出すべく、

私はとにかく日常英会話に関する本や

オンラインの教材を買いまくって

勉強しまくりました。

 

絶対英語を話せるようになってやる。

 

で、自分なりに本や教材で勉強した後に

再び英語を話そうと挑戦するんですが・・・

 

相変わらず相手からのリアクションはイマイチ。

 

というより、まず何をいっているのか

一発で理解してもらえない。

 

しまいには、優しく遠回しにダメ出しされる始末。

 

むしろ前より悪化してない?

 

と言われたこともありました。

 

もう、これはマジで無理なんじゃないか。

と心が折れかけました。

 

英語は好きなのに話せない・・・。

英語が嫌いになりかけました。

 

勉強してるのに、なんでダメなんだ。

 

他の人は話せるのに、

なんで自分は一向に話せるようにならないんだ。

 

もうやってらんないわ。

 

結局、英語が話せる人って

やっぱりセンスがないとだめなのかよ。

 

とか思っていました。

 

が、そんな状態の時に

当時一緒に英語で政治学の授業を受けていた先輩に

 

「英会話はつぶやくだけでなんとかなるよ」

 

とのアドバイスをいただきました。

 

いやいや、つぶやくだけでいいなら

こんなに苦労してないわ。

 

と正直最初はバカにしてました。

 

けど、せっかく先輩に教えてもらっている手前

素直にやらないのはアホだなと。

 

なので、ホントにしょうがなく、

その日の帰り道から、

思ったことを必ず英語でつぶやくようにしたんです。

 

そのあと1週間くらい、

ひたすらつぶやく練習をしましたかね。

 

で、練習したあとにまた同じ講義に参加したところ

「だいぶ良くなったな」

と言われました。

 

正直、自分ではまったく実感がわかなかったので、

 

ホントかなーと思っていました。

 

どうせお世辞だろ?とか思っていました。

 

マジで実感がありませんでしたから。

 

しかし、先輩以外の教授や

海外から来ていた留学生に声をかけられて

 

相手「おーひさしぶり~!元気してた?」

 

自分「おっ、〇〇じゃん!そっちこそ調子どう?」

 

というずっと夢だった自然な会話が

いつのまにかできるようになってたんです。

 

嘘だろ・・・。

マジか・・・・。

 

あれだけ自分で英単語覚えたり、

フレーズを暗記しまくって勉強していた時は、

「もっかい言って。何を言っているかわからん」

と言われ続けていたのに

 

たった1週間つぶやいただけで

英会話が上達するなんて。。。

 

しかも、ただつぶやくだけだから、

考えなくてもいいし

どこでもできるから

普通に勉強するよりも楽しいし

なによりラクすぎ。

 

嬉しい反面、

ショックでもありました。

 

いやいや、今までの自分の努力はなんだったんだよ。

 

ちなみに、ちょうど1週間前に

メルマガから相談をくれた読者にも

 

とにかく日常のあらゆることを

つぶやくようにアドバイスして

実践するように言ったところ、

 

1週間経った頃に、

「授業で留学生と初めて会話が続きました!」

と嬉しいメールが届きました。

 

その子はずっと英単語帳、

参考書をひたすらやっていて、

英語のスコアはめちゃくちゃ高かったんです。

 

TOEICの点数は自分も引くぐらいのスコアでした。

 

いやいや、そんだけできるなら話せるでしょ。

メルマガとらなくていいじゃん。

と思うレベルです。

 

で、一度Skypeで英語を話してもらうと、

ホントにHelloから話が続かなかったんです。

 

で、日常を英語でつぶやくことを

実践させてからもう一度話してみると、

 

以前と比べて

何が言いたいのかわかるし、

気持ちが伝わってくるし、

アドリブでも言えることが増えている

っていうのがはっきり伝わってきたんです。

 

「ホントに話せるようになってるじゃん」

と思わずポロっと言ってしまいましたから。

 

その人も英語を話せるようになるために、

ひたすら単語を覚えて

ひたすらフレーズを暗記して

ひたすら参考書を読みまくっていたとか。

 

だけど、まったく話せるようにならなくて

半分諦めていたとのこと。

 

しかし今回、

「とにかく日頃から英語でつぶやきまくれ」

と教えてもらい、

それを忠実に守ってつぶやきまくっていたら

一気に話せるようになった、と。

 

 

過去の私と同じように

嬉しいと同時にショックを受けていました。

 

今までの努力はなんだったんだ~!と。

 

マジで過去の私と同じようなことを言っていて笑いました。

 

けど、その気持ちは超よくわかります。

 

自分で一生懸命努力している時は全然ダメだったのに

つぶやくやくだけなんて超ラクなのに

 

いきなり「なんか話す英語良くなったね!」とか言われますから。

 

ただつぶやくだけでいいとかマジで最高です。

 

ちなみに私は、つぶやきをやり続けて

ボストンから来た留学生と

語り明かせるレベルになりました。

 

その人が日本の文化建築にめちゃくちゃ興味があって

自分も知っている日本史について

ありったけ話していたら超仲良くなりました。

 

もし、つぶやくのをバカにして

今でもまだ

単語を覚えて・・・

フレーズを覚えて・・・

なんてやってるだけだったらと思うとゾッとします。

 

考えるだけで怖いです。

 

つぶやくことを教えてもらってホントに良かった。

 

PS.

よく英語を話せようになるために

  • 繰り返し聴きまくる
  • 繰り返し覚えまくる

のが大切なんて聞きますが、

私はそんなわけないだろ、と思っています。

 

というか、過去に私は覚えまくったことがありますがまったく話せるようにはなりませんでした。

そもそもですが、丸暗記しただけで上達するわけないです。

 

丸暗記するくらいだったら、ひたすら英語でブツブツつぶやく方が100倍くらいマシだと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私は20歳になってから独学で英語を始めて、1年以内にネイティヴと会話ができるようになりました。

ですが、普通は英語を話せるようになるまでに3年かかるとか5年かかるとか言われてますよね。

それなのにわずか1年以内(実際は半年かかってません)というと、うさんくさいと思われるかもしれません。

「どうやって話せるようになったの?」

と聞かれて、

「独学だよ」

と応えると、

「リョウには英語のセンスがあったんだろ?」

とよく言われます。

私はもともと英語は苦手でした。

それまで海外未経験でパスポートも持っていませんでした。英会話の経験もありませんでした。

英会話スクールに通ったことも、オンライン英会話を受けたことも、一度たりともありません。

そんな私でも自信を得ることができて、1年かからずに独学で英語を話せるようになりました。

なにより、英語を話せるようになったので、海外に気軽に遊びに行けるようになり、海外大学への留学、ワーキングホリデー、バックパックといった人生の選択肢が増えたので人生の質がかなり上がりました。

でも、結局は「慣れ」なんですよね。

どんな人でも話せるようになりますし。

学んでいけば誰でも自信たっぷりに英語を話せるようになる。

私、リョウが慣れて、そして英語を話せるようになるまでに何をやったのかを下記の記事で公開してます。

リョウが英語を話せるようになるまでにやったこと


英語センスゼロ。
英会話ど素人。
ヘタクソな発音。

そんな大学生でもわずか90日で「本当に使える」英語を身につけられた『最強の戦略』

もし、これまでいくら勉強しても英語を話せるようにならなかったとしたら、「戦略」が足りていなかった”だけ”かもしれません。

ココで「話せるようになるための最短ルート」を手に入れてみてください。


ABOUTこの記事をかいた人

「言いたいことが英語で好きなだけ言える」

そんな小さな変化が人生をガラリと変えるキッカケになります。

ロボットみたいなフレーズ会話ではなく、「本当に使える英語」を身につける。それが私の目標でありこのブログの理念です。

英語のセンスがないと否定され、狂ったように勉強しても話せるようにならず何度も挫折してあきらめそうになりました。

そこから独学で英語を話せるようになり、海外にフラッと旅に出られるようになり、世界各地のいろんな人との出会いを通じて人生がさらに楽しくなりました。

ここでは「どうすれば英語を話せるようになるの?」と昔の自分のように悩んでいる人に向けた実体験ベースの独学英会話講座を発信しています。

おかげさまでメルマガ購読者は述べ300名を超えました。

[リョウの詳しいプロフィールはコチラをクリック]