イギリスなまりやアメリカなまりを克服するには【東京外大言語モジュール】

map

留学に行く前に英語のなまりや
現地の発音を練習したい。

できればCDではなく
動画を確認しながらやってみたい。

地域ごとのなまりもできれば知っておきたい。

留学先で痛感するのは
現地ごとのなまりが独特で
同じ英語のはずのに聞き取れないということです。

そんなあなたにオススメのサイトがあります。

それは
「東京外国語大学言語モジュール」です・

東京外国語大学言語モジュールとは

東京外大が、語学を勉強する人向けに
色んなコンテンツを配信しているサイトです。

・英語のフレーズを音を聞きながら勉強する

・動画を見ながらよく使われるフレーズを勉強する

・各地域ごとのなまりを確認する

などが無料でできます。

実は英語以外にもアラビア語や
ドイツ語などを始め29ヶ国語が
勉強できます。

ちょっと英語以外にも聞きたいと思ったときに
他の言語モジュール勉強できますよ。

語学好きにはたまらないです。

私も最近のフランス語を勉強し始めて
このサイトを頻繁に使っているのですが
めちゃくちゃ便利です。

発音を動画を見ながら練習できますからね。

どんどん言葉を身につけられます。

話すためにいちばん良い方法は
話している動画を見ながら勉強すること。

しかもこのサイトの場合、動画を見ながら
英語と日本語訳を同時に見れるので
かなり分かりやすいです。

これ1つですべてできるように
なるわけではありません

しかし、別に買ってある教材を使いつつ
このサイトを発音と声出し練習に使えば
短期間でもどんどん話せる言葉を増やせること
間違いなしです。

ぜひ、使って見てください。

こちらから飛べます

東京外国語大学言語モジュール

実際に通訳の現職の方から
このサイトを教えていただきました。

一生使えるくらい貴重なサイトなので
あなたも使っていってください。

では

リョウ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私は20歳になってから独学で英語を始めて、1年以内にネイティヴと会話ができるようになりました。

ですが、普通は英語を話せるようになるまでに3年かかるとか5年かかるとか言われてますよね。

それなのにわずか1年以内(実際は半年かかってません)というと、うさんくさいと思われるかもしれません。

「どうやって話せるようになったの?」

と聞かれて、

「独学だよ」

と応えると、

「リョウには英語のセンスがあったんだろ?」

とよく言われます。

私はもともと英語は苦手でした。

それまで海外未経験でパスポートも持っていませんでした。英会話の経験もありませんでした。

英会話スクールに通ったことも、オンライン英会話を受けたことも、一度たりともありません。

そんな私でも自信を得ることができて、1年かからずに独学で英語を話せるようになりました。

なにより、英語を話せるようになったので、海外に気軽に遊びに行けるようになり、海外大学への留学、ワーキングホリデー、バックパックといった人生の選択肢が増えたので人生の質がかなり上がりました。

でも、結局は「慣れ」なんですよね。

どんな人でも話せるようになりますし。

学んでいけば誰でも自信たっぷりに英語を話せるようになる。

私、リョウが慣れて、そして英語を話せるようになるまでに何をやったのかを下記の記事で公開してます。

リョウが英語を話せるようになるまでにやったこと


英語センスゼロ。
英会話ど素人。
ヘタクソな発音。

そんな大学生でもわずか90日で「本当に使える」英語を身につけられた『最強の戦略』

もし、これまでいくら勉強しても英語を話せるようにならなかったとしたら、「戦略」が足りていなかった”だけ”かもしれません。

ココで「話せるようになるための最短ルート」を手に入れてみてください。


ABOUTこの記事をかいた人

「言いたいことが英語で好きなだけ言える」

そんな小さな変化が人生をガラリと変えるキッカケになります。

ロボットみたいなフレーズ会話ではなく、「本当に使える英語」を身につける。それが私の目標でありこのブログの理念です。

英語のセンスがないと否定され、狂ったように勉強しても話せるようにならず何度も挫折してあきらめそうになりました。

そこから独学で英語を話せるようになり、海外にフラッと旅に出られるようになり、世界各地のいろんな人との出会いを通じて人生がさらに楽しくなりました。

ここでは「どうすれば英語を話せるようになるの?」と昔の自分のように悩んでいる人に向けた実体験ベースの独学英会話講座を発信しています。

おかげさまでメルマガ購読者は述べ300名を超えました。

[リョウの詳しいプロフィールはコチラをクリック]