知ってた?英語学習でリスニングがいちばん難しいと言われる3つの理由

listen

いくら教材CDを使ってリスニングをしても
聞き取れるようにならない

実は英会話の中でもっとも難しいのは
リスニングだと言われています。

どんな人でも時間がかかってしまうのです。

逆に言うとそこに才能は関係ありません。
正しく取り組んでいけば必ず
できるようになるということです。

正しく理解することで
聞き取れるようになるまでの時間を
ドンドン短縮することができます。

難しい理由を知って
リスニングの実力をさらに
伸ばしていきましょう

リスニングができるようにならない3つの理由

1. 英語のなまりに慣れていないから

英語には国ごとになまりがあります。
同じネイティブ英語でも、
オーストラリア、イギリス、アメリカでも
まったく違う英語には聞こえることがあるくらいです。

私は日頃使っている教材にたまたまアメリカなまりが多かったので、
イギリスの英語を聞いた時、まったく聞き取れませんでした。

同じ英語のはずなのに、別の言語で話している
気持ちになるんです。

留学先でではどんな人に会うのかわかりません。
少しでも聞き取れるように事前に準備をしておかないと
留学先で困ることが多くなります。

2.マイペースで聞くことができないからついていけない

リスニングは読んだり書いたりする時と比べて
スピーカーのペースについていくしか
ありません。

そうすると、音声についていくのが
とても難しくなります。

マラソンで後ろの人に追い抜かれた時に
動揺して自分のペースを崩されると
すぐ息を切らしてしまいますよね。

駅伝などでも良く見る光景です。

リスニングは唯一
あなたのペースが通じない分野であり
難しいと感じやすいです。

3. そもそも理解ができないから聞き取れない

英語で一番多いのがこれです。
単語は聞き取れても全体で何を
言っているのかがわからない。

例えば日頃触れることの少ない
政治経済の話題をいきなり
英語でされてもちんぷんかんぷんですよね。

日本語で説明されてもわからないものは
理解のしようがありません。

前提として、これから聞くことになる英語に関して
日本語で少しでも予習をしておくと
いざという時に準備ができます。

リスニングのカベを最速で越える方法

まず、英語のなまり対策はBBCニュースを日頃から
聞くことをオススメします。

音声の中で、各国の現地の中継が入ってきたりして
なまりまくりの英語をたくさん聞けますよ。

世界の情勢にも詳しくなれます。

聞き取れないくらい
なまりのひどい英語が出てくると
「あれ、これ本当に英語?」
と思うくらいびっくりします。

ただ最初のうちは覚悟してください。
言っていることがさっぱりわかりません。

なぜならまだ慣れていないからです。
いきなり挫折するのは覚悟して、
コツコツ取り組んでいってください。

1回ごと30分と長いので
散歩しながら聞くなどしてやった方がいいですね。

私は最初に行ったことがわかるまで
2ヶ月かかりました。
聞く時間が圧倒的に
少なかったことが原因です。

散歩の時間を使えば、そこまで抵抗がないので
お勧めしますよ。

加えて、音声の言っていること
そのものがわからないときは
そもそも背景知識が足りていません。

分からないトピックに関してまずは
日本語で理解を深めてみてください。

そういった点で、教養を深めることがとても
大切になります。

聞き取れるレベルになってくると
音声を入れたスマホさえあれば
どこでもリスニングの訓練ができます。

このレベルに到達すれば
ヒマな時間を使ってブツブツつぶやくだけで
話したい言葉のストックが可能になります。

リスニングの壁を一度でも越えることができれば
英会話の習得は一気に加速しますよ。

効果が出るまでは長く辛い道のりですが
続けていれば必ず効果が出てきます。

聞けないときは、聞き取れない原因を考えて
今回お伝えした対処法を実践してみてくださいね。

では

リョウ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私は20歳になってから独学で英語を始めて、1年以内にネイティヴと会話ができるようになりました。

ですが、普通は英語を話せるようになるまでに3年かかるとか5年かかるとか言われてますよね。

それなのにわずか1年以内(実際は半年かかってません)というと、うさんくさいと思われるかもしれません。

「どうやって話せるようになったの?」

と聞かれて、

「独学だよ」

と応えると、

「リョウには英語のセンスがあったんだろ?」

とよく言われます。

私はもともと英語は苦手でした。

それまで海外未経験でパスポートも持っていませんでした。英会話の経験もありませんでした。

英会話スクールに通ったことも、オンライン英会話を受けたことも、一度たりともありません。

そんな私でも自信を得ることができて、1年かからずに独学で英語を話せるようになりました。

なにより、英語を話せるようになったので、海外に気軽に遊びに行けるようになり、海外大学への留学、ワーキングホリデー、バックパックといった人生の選択肢が増えたので人生の質がかなり上がりました。

でも、結局は「慣れ」なんですよね。

どんな人でも話せるようになりますし。

学んでいけば誰でも自信たっぷりに英語を話せるようになる。

私、リョウが慣れて、そして英語を話せるようになるまでに何をやったのかを下記の記事で公開してます。

リョウが英語を話せるようになるまでにやったこと


英語センスゼロ。
英会話ど素人。
ヘタクソな発音。

そんな大学生でもわずか90日で「本当に使える」英語を身につけられた『最強の戦略』

もし、これまでいくら勉強しても英語を話せるようにならなかったとしたら、「戦略」が足りていなかった”だけ”かもしれません。

ココで「話せるようになるための最短ルート」を手に入れてみてください。


ABOUTこの記事をかいた人

「言いたいことが英語で好きなだけ言える」

そんな小さな変化が人生をガラリと変えるキッカケになります。

ロボットみたいなフレーズ会話ではなく、「本当に使える英語」を身につける。それが私の目標でありこのブログの理念です。

英語のセンスがないと否定され、狂ったように勉強しても話せるようにならず何度も挫折してあきらめそうになりました。

そこから独学で英語を話せるようになり、海外にフラッと旅に出られるようになり、世界各地のいろんな人との出会いを通じて人生がさらに楽しくなりました。

ここでは「どうすれば英語を話せるようになるの?」と昔の自分のように悩んでいる人に向けた実体験ベースの独学英会話講座を発信しています。

おかげさまでメルマガ購読者は述べ300名を超えました。

[リョウの詳しいプロフィールはコチラをクリック]