英会話で聞き取れない原因は「速い」からじゃないんです。理由を知って英語のナチェラルスピードを得意にしよう

残念ながらネイティブスピードなんてものはありません。

そんなのただの幻想です。

「ネイティブの音声が聞き取れない!わからん!」ってなってしまうのは発音のスピードが早いからじゃないんです。

 

「でも、早く聞こえますよ?」

 

って言いたくなりますよね。

なんででしょうかね。

早く聞こえてしまうのは。

 

実はその答えは英語という言語の特徴にかなり関係しています。

 

そして、ネイティブの英語を「速い」と感じてしまっているカラクリを知れば、もっと英語をスムーズに聞けるようになります。

リスニングを得意にしましょう。

海外での会話でそもそも相手が何を言っているのかわからない、なんてこともなくなりますよ。

 

会話はまず相手が何をいっているか聞き取れないと始まりませんからね。サクッと解決してもっと英会話を楽しめるようになりましょう。

英語のスピードが速いのではない。「短く」なっているだけ。

結論からお伝えします。

ネイティブの英語は日本人の英語よりもめちゃくちゃ短いです。

ここで「うんうん、たしかにそうだ」とうなずいているなら、すでにある程度英語っぽい発音ができているんだと思います。

そして、日本人同士で英会話をしても「ネイティブっぽい」と言われているはずです。

なのでこれ以上読む必要はありませんのでページを閉じてもらって結構ですよ。

 

もしそうでないなら、続きを読むことをオススメします。

なぜなら、「音の省略」が英語の発音の本質だからです。

海外の人がベラベラ話しているニュースや音声教材などを聞いたときに、英語を「速いな」と感じてしまう。

それは、英語が省略されているからなんです。短くなっているから速いと感じてしまうだけなんです。

 

これは、英語と日本語の違いにも深く関わっています。

なぜなら、英語は文字と発音がすべて対応している言語ではないからです。

 

ようするに、英語は書かれている英文のまんま発音しない言語なんです。

 

例えば、

「What did do do yesterday?」
(昨日は何してたの?)

というフレーズがあるとします。

 

これをネイティブ風に直してみると

Whadidyudoyesterday

ちょっとこれだとわかりにくいですね。

 

日本語で言うと

「ワディジュドゥイェスタデイ」

となります。

(一度声に出してみてください)

 

これを日本の授業みたいに発音すると、

「ワット ディドゥ ユー ドゥ イエスタデイ」

になります。

 

どうでしょうか。

 

「ワット ディドゥ ユー ドゥ イエスタデイ」

「ワディジュドゥイェスタデイ」

 

文字にしてみても、かなり長さが違うのがお分かりいただけるかと思います。

 

これを日本語で考えてみると、こういうことです。

より自然に感じるのはどっちですか?

 

「あれはよかったです」

「ありゃーよかったわ」

 

 

この違いが、ネイティブとそうでない場合の違いです。下の方がネイティブに近いんです。

 

 

私も最初の頃はよくIpodで自分の声を録音してました。

自分がどんな感じの英語発音なのか気になったんです。

ただ、何度やってもCDで聞いている声に近づけませんでした。

ずーっとカタカナ英語なんです。周りの友人はペラペラ発音できているのに、自分だけはいっこうにできるようにならなかったんです。

 

今でこそ発音はだいぶマシになりました。

そして、発音を矯正できたきっかけは、英語が省略したがる言語であるということを知ったからです。

つまり、ネイティブのスピードをただ「速い」と錯覚していただけなんです。カン違いしていたんです。

 

英語を発音するときは「文字と比べてやや省かれているんだ」ということを常に頭に留めておいてください。

これを意識しながらリスニングするだけでもリスニングの力がぐんぐん上がりますよ。

 

 

 

 

目で読む英語の「文字」

話す英語の「音」

 

これらは微妙に違います。

 

 

本当に大切なので必ず覚えておいてください。

ネイティブ発音を聞き取るためのトレーニング

英語のスピードが速いのではなくカン違いしているだけ。それはお分かりいただけたと思います。

 

では、いったい何をやればネイティブの発音がもっと聞き取れるようになるのか?

 

それをひとことでいいいます。

自分が発音できるようになればいいんです。

ただそれだけです。

 

やりたいなら発音の勉強もやったらいいと思いますが、私は別にやったことありません。

知っていることといっても

英単語同士がつながるリエゾンというのがあるらしい。しかも、つながると音同士をつなげたり省略しているらしい。

くらいです。

細かい発音の知識はほとんど持っていません。

なぜなら、頭でどれだけ発音を理解していても、実際に口を動かさないかぎり発音は身につかないからです。

 

逆に、そこまで発音を勉強していなくても、海外で「発音がまったく伝わらなくて会話に苦労した」なんて経験はありません。

 

やっていたことといえば単純です。

ちゃんとネイティブっぽい音になるように、ひたすら口を動かして練習していただけです。

これは私の持論ですが、「自分で実際に声に出せない言葉はどう頑張っても聞き取れません」なぜなら、人間の耳はふだんから使い慣れている音しか聞き取らないようにできているからです。

これは日本語同士でもよく起こっていますよ。

私がそれを強く感じるのは関西の人と話をする時ですね。関西弁でまくし立てられるとそのスピードについていけなくなります。

「うーん、何を言っているのかわからん」ってなります。

そもそも関西のノリになかなかついていけないのもありますけどね。

 

これ、ネイティブスピードが聞き取れないのとよく似ていますよ。

スピードが速いから聞き取れないと感じているけど、そうじゃなくてただ声の出し方やトーンが違うだけ。

そして関西にしばらく住んでいるとそれに慣れてきてエセ関西人になれます。関西の仲間入りです。

つまり、日本語ですらも方言という違いに慣れていないために、同じ日本語すらも聞き取れない、なんてことが起こるってことです。

 

ということは、何をいっているのか聞き取れないのはスピードが速いからではありません。じぶんで声を出せるようになれば、どんな言語でも聞き取れるってことですよ。

今、めちゃくちゃ大事なことをいいましたよ。

じぶんで声を出して慣れるのが一番大切なんです。

 

例えば、英語のシャワーを浴びればスラスラ聞き取れるようになる、なんてオカルトな話がありますよね。誰が言い始めたのか知りませんが。いわゆる多聴というやつです。

英語のシャワーを浴びることは悪いとは思いません。英語に慣れることは大切ですから。

ただ、日本語と英語の発音の違いを知らないまま取り組んでもむしろ逆効果になります。

他でもない私がそうでした。いくら聞いてもそもそもなぜ自分の発音と音声教材で話している会話がまったく違う発音になるのかチンプンカンプンだったんです。

そして、時間だけをひたすら浪費することになりました。

 

ただ時間をムダにするなんてイヤじゃないですか。

英語をひたすら聞きまくってもいっこうに何をいっているのかわからないまま挫折します。そして、英語をいくら聞いても聞き取れるようにならないとだんだん焦ってきます。

 

ただ、その原因は耳で聞いている音がいったい何の音なのかがわかっていなかったから。

 

なので、ひたすら大量に聞きまくるよりも先に、「じぶんが発音できるようにする」ことの方がめちゃくちゃ近道だったりします。

 

「大量に聞いて、大量に声に出す」なら最高ですね。

 

何度も何度もただひたすら英語のニュースを聞きなおすよりも、10回聞いて、30回口を動かして声を出す練習をする方がよっぽど発音がよくなりますし、聞き取れる音がどんどん増えていくんです。

ネイティブに合わせて口を動かせば、ネイティブの発音にどんどん近づいていけますからね。赤ちゃんと同じ原理です。

 

つまり。ネイティブの発音を聞き取れるようにするには、大量に聞きまくることではありません。

聞いたものをかたっぱしから声に出す。

それが最短ルートです。

 

そのために最適なトレーニングがシャドーイングです。

シャドーイングについてはこちらの記事を読んでみてください。しっかりと結果につなげるための方法について解説しています。

 

【徹底解説】シャドーイングでグングン実力を磨くコツはすべて事前の準備にある。

2017.03.23
カンタンにまとめておくと

  • 意味がわかっている英文の教材を必ず使う
  • 英語の音を徹底的にマネする
  • 録音して違いをどんどん修正する

ことですね。

 

「耳で英語を聞き取るリスニング」

「英語を読むリーディング」

はまったく別物だと思ってください。

 

今までは、「文字」で英語を認識していましたが、これからは「音」で英語を認識しないといけません。

 

このリハビリが必要になるんです。

最初にお伝えしましたが、英語は書いてある文章のまんまには発音しない言語です。

話すことになると、単語同士がつながり、省略されたりする特徴があるんです。

これ、よーく覚えておいてくださいね。

 

ただ発音を直すのはむずかしくありません。

ただ英語を声に出してマネをすればいいだけです。もちろん中途半端なマネはやめてくださいね。

断言します。思考停止のお経みたいなシャドーイングはほとんど効果ありません。

 

お笑い芸人の中途半端なモノマネはめちゃくちゃサムいですよね。それと同じで、適当にやっているなら、適当なレベルにしかなりませんよ。

英語初心者にありがちな、ネイティブっぽく話す恥ずかしさなんてかなぐり捨ててネイティブに100%なりきってください。

 

どれだけ今までの自分を捨てられるか。

それにかかっています。

 

心のそこから120%ネイティブになりきれるかどうかがシャドーイングのコツです。

やり方がどうのこうのというレベルのお話じゃないです。

取り組む姿勢の問題ですよ。

なので、役者か俳優になったつもりで本気で海外の人になりきってくださいね。

まとめ

ネイティブ発音が聞き取れないのは「スピード」ではない「短く」なっているだけ!

ただカットされたりつながったりしているだけ。

英語のカラクリを知って、シャドーイングでマネをしていけば、自然とネイティブの音声も聞き取れるようになる。

まずは5分。英語の原稿を目で追いながらでもいいので音声をひたすらマネしてみることから始めてみてくださいね。

 

では

リョウ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私は20歳になってから独学で英語を始めて、1年以内にネイティヴと会話ができるようになりました。

ですが、普通は英語を話せるようになるまでに3年かかるとか5年かかるとか言われてますよね。

それなのにわずか1年以内(実際は半年かかってません)というと、うさんくさいと思われるかもしれません。

「どうやって話せるようになったの?」

と聞かれて、

「独学だよ」

と応えると、

「リョウには英語のセンスがあったんだろ?」

とよく言われます。

私はもともと英語は苦手でした。

それまで海外未経験でパスポートも持っていませんでした。英会話の経験もありませんでした。

英会話スクールに通ったことも、オンライン英会話を受けたことも、一度たりともありません。

そんな私でも自信を得ることができて、1年かからずに独学で英語を話せるようになりました。

なにより、英語を話せるようになったので、海外に気軽に遊びに行けるようになり、海外大学への留学、ワーキングホリデー、バックパックといった人生の選択肢が増えたので人生の質がかなり上がりました。

でも、結局は「慣れ」なんですよね。

どんな人でも話せるようになりますし。

学んでいけば誰でも自信たっぷりに英語を話せるようになる。

私、リョウが慣れて、そして英語を話せるようになるまでに何をやったのかを下記の記事で公開してます。

リョウが英語を話せるようになるまでにやったこと


英語センスゼロ。
英会話ど素人。
ヘタクソな発音。

そんな大学生でもわずか90日で「本当に使える」英語を身につけられた『最強の戦略』

もし、これまでいくら勉強しても英語を話せるようにならなかったとしたら、「戦略」が足りていなかった”だけ”かもしれません。

ココで「話せるようになるための最短ルート」を手に入れてみてください。


ABOUTこの記事をかいた人

「言いたいことが英語で好きなだけ言える」

そんな小さな変化が人生をガラリと変えるキッカケになります。

ロボットみたいなフレーズ会話ではなく、「本当に使える英語」を身につける。それが私の目標でありこのブログの理念です。

英語のセンスがないと否定され、狂ったように勉強しても話せるようにならず何度も挫折してあきらめそうになりました。

そこから独学で英語を話せるようになり、海外にフラッと旅に出られるようになり、世界各地のいろんな人との出会いを通じて人生がさらに楽しくなりました。

ここでは「どうすれば英語を話せるようになるの?」と昔の自分のように悩んでいる人に向けた実体験ベースの独学英会話講座を発信しています。

おかげさまでメルマガ購読者は述べ300名を超えました。

[リョウの詳しいプロフィールはコチラをクリック]