英語が話せないレベルでフィリピンの2週間短期留学。挫折と絶望。そして逆転。

大学生2年の春。

私は人生で初のパスポートを手に入れ、フィリピンへ2週間の短期留学に行きました。

参加したの大学側が用意してくれたプラン。

現地の大学で経済学の授業に参加するというものでした。

その時の私の英語レベルはひどいものです。

あいさつと自己紹介で精一杯。

果たして生きて帰れるのかわからないレベルで、めちゃくちゃ不安でした。

そしてこの時の経験が、後に私の人生を大きく変える挫折になりました・・・。

 

フィリピンの留学先で英語がまったくといっていいほど通じない

私が現地フィリピンのマニラに到着してからまず感じたこと。

 

自分の英語がさっぱり通じない。

現地の英語がまったく聞き取れない。

「ホントにこれ、英語なのか?」

と思うほど。

 

これまで練習してきた英語と違いすぎて、今までの努力はなんだったんだと後悔しまくりです。

(後になってそれが俗に言われるフィリピンなまりだと知ったのは後の話です)

 

とにかくコミュニケーションがまともに取れない。

なので、現地の学校に到着しても他の学生たちとなかなかコミュニケーションが取れずにいつも席の端っこにいました。

人生初の英語しか通じない環境は不安だらけです。

 

すると、参加したメンバーの中に日本人の女の子がいました。彼女はある程度英語が話せていて、現地の友達のグループに誘ってくれたんです。

その時はめちゃくちゃうれしかったです。

英語でコミュニケーションが取れなくてもその子が英語に訳してくれるので、なんとかなっていました。

 

ただ、猛烈に情けなかった。

 

「なんで英語が

話せないんだろう。」

 

 

「なんでみんなの喋ってること

が聞き取れないんだろう。」

 

 

「今までやってきた勉強は

なんだったんだろう。」

 

 

「やっぱりセンスがないと

ダメだったのかな・・・。」

 

モヤモヤと、会話に入れている嬉しさが混ざり合った状態でグループに入っていました。

 

そんな時、私が「絶対に英語を話せるようになってやる!」決意するきっかけになった出来事が起こります。

 

その頃は「英語がうまく話せない」ということすらも英語で言えないレベル。

なので、グループの話に入ってもたまに聞き取れる単語から会話の内容を推測するのが限界。

みんなが笑っている理由がわからない。

とりあえず一緒に笑っておこうというくらいしかできなかったんです。

 

そんな時。

あるフィリピンの大学生の男の子から衝撃のひとことを突き付けられました。

 

Are you Gay?

(おまえはゲイなのか?)

 

と言われたんです。

というのも、私がいつも

  • 会話に積極的に参加しない。
  • ただ周りが言ったことに対していつも笑顔でいるだけ。
  • こっちを見てニヤニヤしている。

 

そんな感じでした。

なので自分のことを中性的な男性だとカン違いしたらしいのです。

 

ただ、悲しいことになんと質問されたかすらもわからなかった。

 

なので、とりあえず適当に笑顔で「Yes」と答えました。

すると、隣にいた日本人の女の子「あなたゲイだったの!?」と驚いきました。

よく状況を飲み込めずに首を傾げていると、詳しく教えてくれました。

 

あれほど自分の英語力の低さを恨んだ日はありません。

必死に勉強していたのに。

こんなわかりやすい会話にも参加できない。

相手が何を言っているのかもはっきり理解できない。

会話にもうまく参加できない。

ここにこかったほうがよかったんじゃないかと。

留学したことを後悔し続けていました。

 

「絶対に英語を話せるようになってやる」

フィリピンでの挫折経験は、私にとってめちゃくちゃ大きなモチベーションになりました。

あの時の留学は、

 

「言いたい英語が話せなくて悔しい」

「会話を楽しめない自分が悔しい」

「現地の人とまともに会話できない自分が情けない」

 

そんな気持ちでいっぱいになった留学になりました。

 

「もしあの時

もう少し英語が話せれば・・・」

 

「もしもっと会話を楽しめていたら・・・」

 

あの時の留学は人生最高の思い出になったはずです。

 

ただ、逆にその時の挫折があったからこそ覚悟ができました。

 

「絶対に独学で英語を話せるようになってやる」という覚悟です。

 

本気で英語を身につけて、世界中の誰とでも自由にコミュニケーションを取れるような実力を手にいれる。

もっと世界を自由に楽しめるだけのコミュニケーションを身につける。

 

そのおかげで今はあの時とは180度違う世界を体験しています。

 

日本にいながら独学で英会話を身につけました。

そして最終的には日本の代表として世界の人たちと交流させていただく経験もできました。

日本に来た海外の観光客と一緒に都内を散策するという経験もできるようになりました。

 

もしあの時の挫折経験がなかったらと思うと、こうなれていたかどうかはわかりません。

留学での挫折を強烈な負のモチベーションにできたことはかなり大きな力になりました。

途中で諦めそうになっても、あの時の悔しい気持ちを思い出せば勉強に励めましたから。

 

ただ、あなたも留学しようかどうか悩んでいるかもしれません。

もしそうなら私は、日本にいながら英語を話せるようになってから留学するのをオススメします。

 

私はどちらかというと留学で後悔することになった側の人間だと思います。

だからこそ言えるのは、日本にいながらでも英語を話せるようになる。

やれるかどうかは覚悟があるかどうかだけ。

そう実感しています。

 

それに加えて大切なのは目標の立て方です。

海外留学したり、旅をしたりするなら「英語を話せるようになりたい」という目標よりも「英語を使って何かをしたい」のほうがいいです。

英語=目的にならないようにしたほうがいいと思います。

 

あなたは英語を話せるようになったら何がしたいですか?

 

しっかり答えを考えておいたほうがいいです。

 

私が経験した短期留学は現地フィリピンの授業を体験することが目標でした。

英語を学びに行ったわけではありません。

だからこそ本当に実践的な英語が経験できました。

 

参考書に出てくるような英語ではなく、日常生活で使うような英語もたくさん経験することができました。

教科書の英語と生きた英語のギャップを体験できました。

 

これがもし語学のためだけの留学だったら後悔していたと思います。

日本にいる時でも勉強できる英文法を勉強した。

日本人同士で会話の練習をしてきただけ。

という風になってしまう可能性もあります。

 

私の友人の中にも、結局日本でできることをフィリピンでやってきただけ、という風に後悔する人は少なくありません。

それでOKならいいとも思いますが。

海外に出るなら「英語は使える前提」で飛び出すほうがよっぽど選択肢が広がります。

 

もっとローカルな交流を楽しめますし。

現地の人と気軽にコミュニケーションが取れますし。

偶然出会った人と仲良くなることもできます。

 

私は、英語が話せることの価値を海外に出てから初めて「めちゃくちゃ大事だな」と気づけました。

 

これを読んでいるあなたも、後悔をしない決断にしてくださいね。

PS.

海外での挫折から独学で英語を話せるようになるまでになった経験をレポート+メルマガの形で配信しています。

かなり詳しくまとめているので、もしよかったら登録してみてください。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

『最短最速で英語を話せるようになる秘訣』とは?

日本にいながら
独学で英語を話せるようになる。

私はそれを極めて短期間で
達成することができました。

 

思ったことを英語で
好きなだけしゃべれるようになったおかげで、

ニューヨーク出身の日本好きな
インスタグラマー女子と
岐阜の旅館に2泊3日の
インスタ写真撮影旅行に行ったり、


旅先のバックパッカーで出会った
トルコ人と意気投合。

彼の家にお邪魔して、
ヒマワリのタネとコーラを食べる
トルコ流のホームパーティーを楽しんだり。


それまで緊張して
話しかけることすら怖かった
「海外で暮らしている外国人」と


自然な会話ができるようになって
グッと世界が広がりました。


・・・ですが、最初から英語が
得意だったわけでありません。


同級生に英語の発音を
笑われるほど
絶望的な英語センス。

センター試験の英語はギリギリ6割。

英語の先生に
「君に英会話は難しいかもね・・・」
苦笑いされた思い出もあります。

 


「じゃぁなんでそこから
話せるようになったの?」


ひとことで言えば、

 

『本物の英語』を
『正しいやり方』で吸収したから

 

と答えます。

 

「勉強したからではない」

のがポイントです。

 

それを知って
「ハロー」しか言えないレベル
だったところから、

わずか数ヶ月でスラスラと
英語が出てくるようになりました。

 

自分でも「そんなバカな!」
思ってしまいます。


ただ、ココだけの話ですが

=======

「英語が話せるようになるかどうか」


を決めるのは

 

「勉強した量」ではありません。


「いかに適切なやり方をしたか」です。

======


ようするに
がんばっているかどうかは

『話せるようになるか』とは
あまり関係ないんです・・・。

 

ズレたやり方をしていたら
ずっとズレたまんま。

 

ただそれだけの話なんです。

 

もしそれを知らないままだったら・・・。
と思うとゾッとします。


なぜならそのちょっとした違いだけで、

 

ずっと文法書をめくって
単語を覚えては忘れて・・・を
ひたすら繰り返し続ける


『終わりのない勉強地獄の生活』
を続けることになるのか

 


それとも、生きた英会話を
最速で身につけて海外に飛び出し、


自分とはまったく違う考え方で

生きている海外の人たちと深く通じ合って
人生観をガラッと変える経験をするのか。

 


その違いを決定づけてしまうからです。


本当に「理不尽だな」と思います。


そこで今回は

「Breaking the Limit」
(言葉のカベをぶち壊せ!)
というタイトルで

 

「私が英語を話せなかった頃から、
どうやってムダな遠回りを避けて
最短最速でネイティブとも
深い話ができるようになったのか」

 

ゼロから英語を話せるように
なるまでの実体験を

全250ページでまとめてみました。

 

英語を話せる実力を身につけて、
海外を120%楽しめる人を増やすための
期間限定キャンペーンということで、


元々1500円の書籍を
無料でお渡ししています。


どこにも語られていない
私の実体験からの学びを
お伝えしているので、
そのへんの本よりよっぽど
タメになると思います。

 


「英語ってこんな感じで
話せるようになるんだ!

 

という感覚を掴みたい人は
是非手にとって読んでみてください。

 

ストーリー調で書いているので
15分くらいでサクッと読めます。

 

「3日でリスニングが上達しました!」

「感動しました!」

 

と評判です。

 


『英語力ゼロの学生が
最短最速で
言いたいことを
英語で
言えるようになった方法』
はコチラから受け取れます。

 

ただ、1つ注意です。

プライベートな内容も盛り込んでいるので、
期間限定のみでのお渡しにしようと
考えています。

具体的にいつとは決めていませんが、
近いうちに有料に戻す予定です。


英語センスゼロ。
英会話ど素人。
ヘタクソな発音。

そんな大学生でもわずか半年で「本当に使える」英語を身につけられた『最強の戦略』

もし、これまでいくら勉強しても英語を話せるようにならなかったとしたら、「戦略」が足りていなかった”だけ”かもしれません。

ココで「話せるようになるための最短ルート」を手に入れてみてください。


ABOUTこの記事をかいた人

「言いたいことが英語で好きなだけ言える」

そんな小さな変化が人生をガラリと変えるキッカケになります。

ロボットみたいなフレーズ会話ではなく、「本当に使える英語」を身につける。それが私の目標でありこのブログの理念です。

英語のセンスがないと否定され、狂ったように勉強しても話せるようにならず何度も挫折してあきらめそうになりました。

そこから独学で英語を話せるようになり、海外にフラッと旅に出られるようになり、世界各地のいろんな人との出会いを通じて人生がさらに楽しくなりました。

ここでは「どうすれば英語を話せるようになるの?」と昔の自分のように悩んでいる人に向けた実体験ベースの独学英会話講座を発信しています。

おかげさまでメルマガ購読者は述べ300名を超えました。

[リョウの詳しいプロフィールはコチラをクリック]