留学先で英語のディスカッションについていけるようになるために・・・

conversation camp

ディスカッションができないまま留学に行ってしまうと、あなたの留学生活は失敗に終わってしまうかもしれません・・・。

なぜなら、向こうの授業の基本は「意見を交わす」のが当たり前だからですね。

自分の意見を言えない=授業に参加できない

を意味します。

当然、成績はもらえません。

日本では自分の意見をガンガン主張することはあまりよしとはされませんが、向こうだと自分の意見がないと文字通り「お話」になりません。

「自分の意見がない=授業に参加する意思がない人」

(日本で言えば、「意見を言わない=授業中に居眠りしている」のと同じってことです。)

ようするに、出席するだけで何も言わないの人=居眠りしている人ということです。

いろんな国籍、いろんな人種、いろんな価値観の人がいる中で、「あなた」をどう表現するのか。

それが「あなたの意見」ですから。

私も海外に行ったばかりの頃は、会話をしていていきなり「あなたはどう思う?」と」言われても「え、えっと・・・」と戸惑うことがよくありました。

留学してまずぶつかる壁が「英語でのディスカッションにどう参加すればいいかわからないから黙ったままでいるしかない」という問題です。

そこでこの記事では、たとえネイティブが相手だろうとディスカッションについていくための考え方をお伝えしていきます。

結論から言うと「英語のディスカッションだからといって英語力が大事かと言われるとそういうわけではない」です。

発音がキレイとか、スラングを使いこなせているとか、専門的な知識をたくさん知っているとか、ではありません。

「わかりやすさ」が極めて大切です。

英語でのディスカッションについていけるようになれば、議論したり意見を交わすことはむしろ楽しみにさえなります。

何より、ずっと机に向かっている勉強とは違ってドンドン英語を使う機会が手に入るので、英語の上達スピードも段違いに上がります。

(個人的にはディスカッションに参加できるようになって一気に英語力が伸びた気がしています。)

なにより、ディスカッションはどんな人とでもできるようになればなるほど、英語を話すのが楽しくて仕方なくなります。

私自身、国際交流カンファレンスなどに参加した経験があるので、実際に国際問題について議論したりしていく中で感じた「ディスカッションのコツ」なんかもお伝えしていきます。

この記事では『多少、会話は聞き取れる、だからどう話せばいいかわからない。と言う人向けに解説しています。なので、そもそもまだ相手が何を言っているか分からないという人はコチラをどうぞ』

(そもそも何を言っているのかまったく聞き取れないという人はコチラをどうぞ)

英語のディスカッションは「言葉のバトル」ではない

海外では小学校の段階から「自分の意見を主張する」ことをひたすら訓練して育ちます。そもそも経験値として向こうの人たちと私たちではまったくその経験値が違います。

フランスなんかだと中学生の授業で「正義とは何か?」とディスカッションするそうです。(フランスの知人に聞きました。

そんなディスカッション素人の渡したしはまず「ディスカッションで大切なのはなんなのか」を理解するところから始めましょう。

 

否定されても気にしない。シカトせよ。

「お前、間違ってるよ」

と言われてドキッとするのは、日本人によくあります。

学校でひたすら「間違いは悪いことだ」と教え込まれていますから。

 

まず、ディスカッションであなたの言ったことに対して否定や批判が飛んできたとしても気にしないてください。シカトして大丈夫です。

「それは違うと思う!」と割り込まれたとしても気にする必要はありません。

というのも、それは別にあなたの人格とか人となりを否定している訳ではないからですね。

ただの「考え方が違う」というだけですから。

たとえば、海外の人と会話をしている時によく話題になるのは動物の話です。日本でも犬好きとかネコ好きとかいっぱいいますよね。

「犬が好きだから、ネコ好きは認めない!」なんてことはないはずです。

で、それって世界でも共通です。犬好きな人はいるし、ネコが苦手な人もいる。

文化的にネコを食べることもある国もあります。

「ネコを食べる文化もあるよ」と聞いたでネコ好きの人が「ネコを食べるなんてありえない!」と言っても、それはあくまでその人の国の文化、考え方であって、その人自身が悪い訳じゃないですよね。

むしろ「え、ネコを食べる文化なんかあるの!?」という発見があります。

結局のところ、「それぞれの意見」があるというだけの話なんです。

なので別にあなたに対して「それは違うと思う!」と言う人がいたとして。

それはあくまで「相手の今までの人生の価値観」からそう言っているのであって、別にあなたを否定するために言っているわけではないということです。

否定を真に受けてしまうと、自分の意見を出すことがドンドン怖くなります。

「間違ったことを言ったら怒られるんじゃないか」と言う気持ちになるからですね。

何か発言するたびに「え、何でそう思うの?」とか「それはおかしくない?」とか言われるわけですから。

それに対して「いやいや、こうだからだよ」と言えるくらいならそもそもディスカッションで悩んでないはずですし。

なので、いくら否定的な言い方をされても、それって結局「それぞれの考え方からそう言っているだけ」と思ってください。

ディスカッションでの反対意見はあなたへの攻撃ではなく、ただの「考え方の違い」です。

英語のディスカッションで黙るのはタブー

ディスカッションに限らず「自分の意見がない」という人は、「自分が無い人」と思われます。

極端な言い方をすれば「そこにいる価値が無い人」ということですね。

私もまだあまりうまく話せない頃に、自信がなくてずっと黙っていたことがありました。

その時に、同じグループだったインド出身の子に言われました。

「何で話さないの?何で黙ってるの?インドでは自分の意思がないと生きていけないのよ。だから、私たちは意見を言うし、否定されてもまったく気にしていないわ。」

そうです。向こうでは理不尽なことなんて平気で起きます。日本みたいに平和じゃないですから。

もしかするといきなり明日殺されるかもしれない、なんて可能性もあるわけです。自分の身は自分で守らないといけない。

そういう国からすれば、日本人が意見を言わないのは「私はいなくてもいいです」と言っているように見えるってことですね。

ディスカッションで黙っていることはむしろマイナスになります。波風立てないというのは「なんにもない薄っぺらい人」ということですから。

自分の意見を主張するというのは「自分の存在を示すこと」といってもいいでしょう。

 

英語のディスカッションでいちばん大事なのは「わかってもらう」こと

ディスカッションというとなにやら専門的な知識を戦わせたり、相手を丸め込むようなイメージがありますが、それはまったくカン違いです。

ディスカッションで大切なのは「わかってもらうこと」です。これができる人がディスカッションでいちばん「うまい」と思われる人です。

たとえ難しい用語をベラベラと言ってもそれが理解してもらえない限り「え?コイツ何言ってんの?」となるだけですから。

なのでディスカッションには別に高いレベルの英語力なんて求められていません。いわゆる中学英語レベルのカンタンな英語さえあれば十分に意見を交換することができます。

というのも「相手にわかってもらえれば」それで十分だからです。

その鍵を握っているのが「わかりやすさ」です。

私は、海外の大学で授業を受けている時にその大切さを実感しました。

その時のメンバーは5人。

アメリカ生まれのネイティブが2人。

フランス人が1人。

アジアからは私とベトナム出身の女性でした。

ディスカッションが始まってすぐ、真っ先ににネイティブの人たちが、早口な英語でまくし立ててきます。やっぱり慣れているんでしょうね。

「俺はこう思うね」

「いや、私はこうだと思うわ」

「いやいや、こう言う言い方もできるし」

ドンドン好き勝手に意見が出る中、ベトナム人女性の発言でディスカッションが一気に止まりました・・・。

「どっちの意見もいいと思うけど、こう言う視点も忘れちゃダメだと思うわ」

メンバー全員が「なるほど・・・確かにそうかもしれない」と思わずうなってしまうほど的を射た発言だったからです。

別に頭の切れるような革新的なアイデアではありませんでした。

それにベトナム出身の女性の英語は私から見ても上手とは言えるものではありませんでした。発音は独特な訛りで、文法もおかまいなしです。

しかし、全員がうなずく意見を出した彼女の説明は驚くほど分かりやすかったんです。

ネイティブのひとりが「That’s cool idea!」を言っていたのを覚えています。

そのあとにこっそり、その時同じグループだったベトナムから来た女性にディスカッションのコツを聞きました。

すると、「ディスカッションに大切なのは英語のうまい下手よりも、中身の伝え方なんです」ということを教えてくれました。

つまり、知識がどうとか専門用語がどうとかよりも、言っていることがきちんと相手に伝われば問題ないんです。

それまでずっと文法を正確に話すことばかり考えて何も言えずにいた私にとっては頭をガツンと殴られたような思いでした。

それ以来、たどたどしくても英語で「自分の意見を言う」ことだけに集中するようになりましたから。

おかげで今では自分の言いたいことを英語で伝える度胸が身につきました。
中学英語レベルのカンタンな英語でも伝え方次第で、ネイティブとも十分に会話できるんです。

ようは英語力よりも伝え方次第ってことです。

たとえ英語が下手でも伝わる話し方

私がまだまだ英語に自信を持てない時から、ディスカッションでも自分の意見をガンガン言って、積極的に議論に参加できていたのは「下手でも伝わる話し方」を知ってそれを実践していたからです。

「PREP法」さえ知っていればどんな議論でも余裕にこなせる

何度もお伝えしていますが大切なのは「わかりやすく話す」ことです。

つまり、相手にとって「わかりやすい流れ」で話すことですね。

相手の視点に立って分かりやすく伝える方法は「PREP法」と呼ばれています。海外では当たり前になっているくらい基本的な意見の組み立て方だそうです。

かんたんにまとめると

  • Point 結論
  • Reason 理由
  • Example 具体例
  • Point 結論

の流れで話すことです。それぞれの頭文字を取って「PREP」です。

これは心理学的に人が納得しやすい流れの伝え方になっています。あなたが言いたいことをこの流れに沿って話すだけで、相手により納得してもらいやすくなります。

もちろん慣れてくれば、とっさのアドリブでも一瞬でわかりやすい意見を組み立てられるようになります。意見を自由自在に組み立てられれば、授業のディスカッションはむしろ最高に楽しい時間になりますよ。

「気がつけば議論に熱中しすぎてあっという間に授業が終わっている」なんて感じられるようになります。

ちなみに、PREP法のコツは「私が言いたいのはコレ」と最初に決めてしまうことです。

でそれをサポートする理由を考え、具体例を考えていく、と言う流れです。そして最後にもう一度自分の意見を言うと言う感じです。

要するにまず結論を決めてしまうことが大切です。

ビシッと、目的地を決めます。

そうすれば、あなたにとっても相手にとっても最終的に言いたいメッセージがはっきりとわかります。

一緒に考えてみましょうか。

 

たとえば。

「昼ごはんを食べてすぐに昼寝するのは良くない」という意見に対して反論をしていくとしましょう。

「昼寝は良い」という立場で意見を考えてみます。

「Point」(結論)
私は、ランチの後の昼寝が好き。

「Reason」(理由)
なぜなら気持ちがスッキリして、午後からも集中力が上がるから。

「Example」(具体例)
お昼ご飯を食べた後って眠たくなるよね?それを無視して我慢して授業に出ても寝ちゃったら無駄じゃん?だったら15分寝るだけでいいんだよ。そうしたら頭がスッキリして、午後からの授業も集中できたんだ。おかげで一気に成績も上がったよ。

(ここで科学的に証明されているというデータを示してもいい。)

「Point」(結論)
だから私は、昼寝が大好き。

 

どうでしょうか?カンタンですよね。

このような感じで、最初のうちはテンプレートに沿って、あなたの言いたいことを当てはめていくだけです。

それだけで自然に相手にとってもわかりやすい意見の流れができあがります。

最初は紙に書き出して、アイデアを箇条書きにまとめてから話すようにしてみてください。

もちろんこれは日本語でも便利です。たとえば面接試験でも「簡潔にわかりやすく伝えられる人」というのは印象に残りますから。

逆に言えば、こういうことも知らずに、いくら一生懸命いろんなフレーズを覚えてもそれが伝わってなければ、ハッキリ言って意味ありません。

もう一度言いますね。

英語のディスカッションで大切なのは「相手に少しでもわかりやすく伝えること」です。

わかってもらえなければその意見は存在しないのと同じですから。

変に難しい用語を使って「Sorry, pardon?」と聞き返されるよりもいカンタンな英語を使いながらPREPを意識して意見を述べた方がうまくいきます。

PREP法を意識して「わかりやすい話し方」を練習しまくれば、留学先だろうと、ネイティブ相手だろうと意見を言えるようになります。

私もよく「あなたっていつも堂々と話すよね。しかもわかりやすいし。塾の先生でもやってたの?」と言われます。

カンのいいあなたは気づいたかもしれませんが、この記事の流れも無意識にPREPを使っています。

ディスカッションは極端な話をすれば、「相手が納得すれば、勝ち」です。

「英語が話せない」から意見が言えないのではなくて、意見の組み立て方を知らないだけですから。

ディスカッションは「自分の意見」を持つことがとにかく重要

ここまで読んできてわかってもらえたと思いますが、英語のディスカッションで本質的に大切なのは「英語力」ではありません。それ以上に「自分の意見をどれだけわかりやすく伝えられるか」というのが大切です。

ただ、あんまり普段の生活で「自分の意見」なんて考えたことがないはずです。

だからこそ留学先ディスカッションでにガンガン参加できるようになるために今日からやり始めて欲しいのは、「どんなことに対しても自分なりの意見を持とうとしてみる」ということです。

そもそも自分の「言いたいこと」がなければ、意見なんて組み立てようがありません。

だからまずは「言いたいこと」を考えてみる。

たとえば

・甘いものと辛いものどっちが好きなの?それはなんで?

・イヌとネコどっちが好き?それはなんで?

・海外旅行するならどこが良い?それはなんで?

どうでしょうか。じつは日常会話の中でも、自然とディスカッションみたいなことはやってるんです。

でも、それをハッキリと意見として言うことは少ないはずです。

普段の生活にも「自分の意見」が必要になるということは、「ディスカッションできる」というのは同時に「会話ができる」ことにつながります。

なので「言いたいことを考える」というのを常に意識し続ければ、ディスカッションだろうが日常的な議論だろうといつでも自分の言いたいことを言おうとする「姿勢」ができます。

だって「自分の意見」を言おうとすればするほど、使う表現や言い回しなどもどんどん洗練されていくわけですから。

それは同時にあなたの英語の上達スピードを上げることになります。

なので、常に自分の意見を言おうとするアンテナを立ててください。

海外の料理を食べた時になぜ美味しいと感じたのか。なぜ今日見た景色をキレイだと感じたのか。その一つ一つを自分なりに喋ってみるということです。

やっているだけで自然と身についていくのでぜひ今日から始めてみてください。

これは余談ですが、海外留学を経験した人たちが「自分らしさ」というか「自分の軸」みたいなものを持っているように感じるのは日常的に「自分の意見を持つこと」をやり始めるようになるからなんじゃないかな、と思っています。

日本を出てから「あなたの意見は?」と求められる機会がめちゃくちゃ増えますからね。

さらに多様な価値観に触れていく中で、結果的に「自分らしさ」っていうのがなんなのかを考えるキッカケにもなります。

それもまた留学の楽しみのひとつなんじゃないかなと個人的には思います。

まとめ

  • 相手の否定は気にせず、まずはガンガン話そう
  • わかりやすい話し方の「型」さえあればOK
  • なにより大切なのは「あなたの意見」を常日頃から持っておくこと

『最短最速で英語を話せるようになる秘訣』とは?

日本にいながら
独学で英語を話せるようになる。

私はそれを極めて短期間で
達成することができました。

 

思ったことを英語で
好きなだけしゃべれるようになったおかげで、

ニューヨーク出身の日本好きな
インスタグラマー女子と
岐阜の旅館に2泊3日の
インスタ写真撮影旅行に行ったり、


旅先のバックパッカーで出会った
トルコ人と意気投合。

彼の家にお邪魔して、
ヒマワリのタネとコーラを食べる
トルコ流のホームパーティーを楽しんだり。


それまで緊張して
話しかけることすら怖かった
「海外で暮らしている外国人」と


自然な会話ができるようになって
グッと世界が広がりました。


・・・ですが、最初から英語が
得意だったわけでありません。


同級生に英語の発音を
笑われるほど
絶望的な英語センス。

センター試験の英語はギリギリ6割。

英語の先生に
「君に英会話は難しいかもね・・・」
苦笑いされた思い出もあります。

 


「じゃぁなんでそこから
話せるようになったの?」


ひとことで言えば、

 

『本物の英語』を
『正しいやり方』で吸収したから

 

と答えます。

 

「勉強したからではない」

のがポイントです。

 

それを知って
「ハロー」しか言えないレベル
だったところから、

わずか数ヶ月でスラスラと
英語が出てくるようになりました。

 

自分でも「そんなバカな!」
思ってしまいます。


ただ、ココだけの話ですが

=======

「英語が話せるようになるかどうか」


を決めるのは

 

「勉強した量」ではありません。


「いかに適切なやり方をしたか」です。

======


ようするに
がんばっているかどうかは

『話せるようになるか』とは
あまり関係ないんです・・・。

 

ズレたやり方をしていたら
ずっとズレたまんま。

 

ただそれだけの話なんです。

 

もしそれを知らないままだったら・・・。
と思うとゾッとします。


なぜならそのちょっとした違いだけで、

 

ずっと文法書をめくって
単語を覚えては忘れて・・・を
ひたすら繰り返し続ける


『終わりのない勉強地獄の生活』
を続けることになるのか

 


それとも、生きた英会話を
最速で身につけて海外に飛び出し、


自分とはまったく違う考え方で

生きている海外の人たちと深く通じ合って
人生観をガラッと変える経験をするのか。

 


その違いを決定づけてしまうからです。


本当に「理不尽だな」と思います。


そこで今回は

「Breaking the Limit」
(言葉のカベをぶち壊せ!)
というタイトルで

 

「私が英語を話せなかった頃から、
どうやってムダな遠回りを避けて
最短最速でネイティブとも
深い話ができるようになったのか」

 

ゼロから英語を話せるように
なるまでの実体験を

全250ページでまとめてみました。

 

英語を話せる実力を身につけて、
海外を120%楽しめる人を増やすための
期間限定キャンペーンということで、


元々1500円の書籍を
無料でお渡ししています。


どこにも語られていない
私の実体験からの学びを
お伝えしているので、
そのへんの本よりよっぽど
タメになると思います。

 


「英語ってこんな感じで
話せるようになるんだ!

 

という感覚を掴みたい人は
是非手にとって読んでみてください。

 

ストーリー調で書いているので
15分くらいでサクッと読めます。

 

「3日でリスニングが上達しました!」

「感動しました!」

 

と評判です。

 


『英語力ゼロの学生が
最短最速で
言いたいことを
英語で
言えるようになった方法』
はコチラから受け取れます。

 

ただ、1つ注意です。

プライベートな内容も盛り込んでいるので、
期間限定のみでのお渡しにしようと
考えています。

具体的にいつとは決めていませんが、
近いうちに有料に戻す予定です。


英語センスゼロ。
英会話ど素人。
ヘタクソな発音。

そんな大学生でもわずか半年で「本当に使える」英語を身につけられた『最強の戦略』

もし、これまでいくら勉強しても英語を話せるようにならなかったとしたら、「戦略」が足りていなかった”だけ”かもしれません。

ココで「話せるようになるための最短ルート」を手に入れてみてください。


ABOUTこの記事をかいた人

「言いたいことが英語で好きなだけ言える」

そんな小さな変化が人生をガラリと変えるキッカケになります。

ロボットみたいなフレーズ会話ではなく、「本当に使える英語」を身につける。それが私の目標でありこのブログの理念です。

英語のセンスがないと否定され、狂ったように勉強しても話せるようにならず何度も挫折してあきらめそうになりました。

そこから独学で英語を話せるようになり、海外にフラッと旅に出られるようになり、世界各地のいろんな人との出会いを通じて人生がさらに楽しくなりました。

ここでは「どうすれば英語を話せるようになるの?」と昔の自分のように悩んでいる人に向けた実体験ベースの独学英会話講座を発信しています。

おかげさまでメルマガ購読者は述べ300名を超えました。

[リョウの詳しいプロフィールはコチラをクリック]