英語論文のイントロダクションの書き方講座|「型」を使うだけ

essay

どうも、リョウです。

英語の論文を書いても、教授から
イントロがわかりにくいと言われる。

そもそもエッセイの書き出しが
なかなか浮かんで来なくて書き始められない。

エッセイを書くのはなかなか難しいですよね。

私も英語の論文を書くときは
イントロで必ずといっていいほど
よく注意されていました。

「何が言いたいのか分からない」

「読む気が起きない」

しかし、今は注意されることは
まったくなくなりました。

その理由はイントロの型を知ったからです。

 

その型を身につけてれば
あなたの考えを文字にしていく時に
評価のもらえるイントロが書けるように
なりますよ。

イントロの役割は「読み手のため」

まずはイントロの全体像について
説明していきます。

イントロを書けと言われても
ほとんどの人が書き出せない原因が
イントロの役割を知らないことです。

イントロのもっとも大きな役割は
読み手に興味を持ってもらうことです。

記事の冒頭で

「この論文のテーマはこれです」

「私が最終的に言いたいことはこれです」

といったことをあらかじめ伝えておくんです。

最初から伝えておくことで
読み手が内容を理解するための
準備ができます。

読み手にスタートラインに
立ってもらうわけです。

「この論文は地球温暖化というテーマなんだな」

と分かれば
意味のわからない専門用語だらけでも、
最終的に言いたいことはなんとなく
推測することができます。

このようにイントロダクションは
読み手にとっての「ガイド」の役割を
持っているんです。

イントロの型を使って書いてみよう

次はイントロの型についてです。

私は必ずといっていいほどこの型を使って
論文を書いています。


1.Genal info (一般的な情報)
2.Specific info (深堀りした情報)
3.Question (あなたの問題意識)
4.Thesis statement (論文の目的)

 

この型を使って日本語で書いてみると
次のようになります。


最近、地球温暖化が加速していると言われています。北極ではこれまであった氷の23%が溶けてしまったと言われているほどです。そこで私はそもそも地球温暖化は何が原因なのか気になりました。この論文では地球温暖化の原因について、人類学の歴史、科学的な現象から述べていきます。

細かいデータなどは適当ですが
型に沿って簡単に書いてみました。

最初にどんなテーマを扱うのか
簡単に説明する。

そして、あなたが深堀りしていった中で
気になったポイントを述べていく。

その上で、自分なりに何を調べたのか
どんな疑問を持ったのか伝える。

それをどんなポイントを中心に
述べていくのかを明確にする。

これがイントロの基本です。

読み手からすると

・どんなテーマを扱うのか
・なぜそのテーマにしたのか
・どんな視点から見ていくのか

が分かります。

イントロダクションを書くときに
もっとも大切なのは読み手にガイドラインを
示すことです。

これからどんな流れで説明していくかを
はっきり伝えておきます。

それがイントロの目的です

全体像は読者をひきつけるためにある
ということを忘れないようにしましょう。

そこからあなたの目的と研究を伝えることで

論文の全体像を読み手に渡すことが
イントロの最も大きな目的なります。

ここさえしっかりできればイントロの評価も
上がっていくはずです。

加えて、あなたがこれから
調べようとしている分野で
論文を検索してみてください。

ほぼ型通りに書かれていることがわかりますよ。

イントロをしっかり書ければ
全体の構造も決めやすくなり
論文がサクサク書けるようになります。

まずは基本をしっかり身につけて
どんどん論文を書いていけるようになりましょう。

では

リョウ

『最短最速で英語を話せるようになる秘訣』とは?

日本にいながら
独学で英語を話せるようになる。

私はそれを極めて短期間で
達成することができました。

 

思ったことを英語で
好きなだけしゃべれるようになったおかげで、

ニューヨーク出身の日本好きな
インスタグラマー女子と
岐阜の旅館に2泊3日の
インスタ写真撮影旅行に行ったり、


旅先のバックパッカーで出会った
トルコ人と意気投合。

彼の家にお邪魔して、
ヒマワリのタネとコーラを食べる
トルコ流のホームパーティーを楽しんだり。


それまで緊張して
話しかけることすら怖かった
「海外で暮らしている外国人」と


自然な会話ができるようになって
グッと世界が広がりました。


・・・ですが、最初から英語が
得意だったわけでありません。


同級生に英語の発音を
笑われるほど
絶望的な英語センス。

センター試験の英語はギリギリ6割。

英語の先生に
「君に英会話は難しいかもね・・・」
苦笑いされた思い出もあります。

 


「じゃぁなんでそこから
話せるようになったの?」


ひとことで言えば、

 

『本物の英語』を
『正しいやり方』で吸収したから

 

と答えます。

 

「勉強したからではない」

のがポイントです。

 

それを知って
「ハロー」しか言えないレベル
だったところから、

わずか数ヶ月でスラスラと
英語が出てくるようになりました。

 

自分でも「そんなバカな!」
思ってしまいます。


ただ、ココだけの話ですが

=======

「英語が話せるようになるかどうか」


を決めるのは

 

「勉強した量」ではありません。


「いかに適切なやり方をしたか」です。

======


ようするに
がんばっているかどうかは

『話せるようになるか』とは
あまり関係ないんです・・・。

 

ズレたやり方をしていたら
ずっとズレたまんま。

 

ただそれだけの話なんです。

 

もしそれを知らないままだったら・・・。
と思うとゾッとします。


なぜならそのちょっとした違いだけで、

 

ずっと文法書をめくって
単語を覚えては忘れて・・・を
ひたすら繰り返し続ける


『終わりのない勉強地獄の生活』
を続けることになるのか

 


それとも、生きた英会話を
最速で身につけて海外に飛び出し、


自分とはまったく違う考え方で

生きている海外の人たちと深く通じ合って
人生観をガラッと変える経験をするのか。

 


その違いを決定づけてしまうからです。


本当に「理不尽だな」と思います。


そこで今回は

「Breaking the Limit」
(言葉のカベをぶち壊せ!)
というタイトルで

 

「私が英語を話せなかった頃から、
どうやってムダな遠回りを避けて
最短最速でネイティブとも
深い話ができるようになったのか」

 

ゼロから英語を話せるように
なるまでの実体験を

全250ページでまとめてみました。

 

英語を話せる実力を身につけて、
海外を120%楽しめる人を増やすための
期間限定キャンペーンということで、


元々1500円の書籍を
無料でお渡ししています。


どこにも語られていない
私の実体験からの学びを
お伝えしているので、
そのへんの本よりよっぽど
タメになると思います。

 


「英語ってこんな感じで
話せるようになるんだ!

 

という感覚を掴みたい人は
是非手にとって読んでみてください。

 

ストーリー調で書いているので
15分くらいでサクッと読めます。

 

「3日でリスニングが上達しました!」

「感動しました!」

 

と評判です。

 


『英語力ゼロの学生が
最短最速で
言いたいことを
英語で
言えるようになった方法』
はコチラから受け取れます。

 

ただ、1つ注意です。

プライベートな内容も盛り込んでいるので、
期間限定のみでのお渡しにしようと
考えています。

具体的にいつとは決めていませんが、
近いうちに有料に戻す予定です。


英語センスゼロ。
英会話ど素人。
ヘタクソな発音。

そんな大学生でもわずか半年で「本当に使える」英語を身につけられた『最強の戦略』

もし、これまでいくら勉強しても英語を話せるようにならなかったとしたら、「戦略」が足りていなかった”だけ”かもしれません。

ココで「話せるようになるための最短ルート」を手に入れてみてください。


ABOUTこの記事をかいた人

「言いたいことが英語で好きなだけ言える」

そんな小さな変化が人生をガラリと変えるキッカケになります。

ロボットみたいなフレーズ会話ではなく、「本当に使える英語」を身につける。それが私の目標でありこのブログの理念です。

英語のセンスがないと否定され、狂ったように勉強しても話せるようにならず何度も挫折してあきらめそうになりました。

そこから独学で英語を話せるようになり、海外にフラッと旅に出られるようになり、世界各地のいろんな人との出会いを通じて人生がさらに楽しくなりました。

ここでは「どうすれば英語を話せるようになるの?」と昔の自分のように悩んでいる人に向けた実体験ベースの独学英会話講座を発信しています。

おかげさまでメルマガ購読者は述べ300名を超えました。

[リョウの詳しいプロフィールはコチラをクリック]