リスニングで100%聞き取ることよりも大切なのは【予測すること】

nature

どうも、リョウです。

・何度同じ音声を聞いても理解ができない。

・ディクテーションをしようとしても完璧な文章にならない。

・聞き取れなさすぎて挫折してしまった。

実は、リスニングで大切なのは
完璧に聞き取ることではないんです。

予測することのほうがより大切なんです。

英語を予測する力が必要な理由と
身につけるための手順を紹介します。

日本語ですらも完璧に聞き取れていない

会話では常に先を予想して話を聞いています。
しかもそれは無意識に行われます。

これは日常でかなり体験しているはずです。

例えば、
「年末、富士山に登りに行ったんですよ」

「山頂の・・・日の出がめっちゃ綺麗でした」

「山頂が・・・寒すぎました」

といったことはなんとなく予想ができますよね。

しかし、

「山頂に・・・・海があったんです!

これは予想がつきませんよね。
「えっ、もう一度言ってみて」
と思わず聞き返してしまいます。

お笑いなんかでも
あえて常識を外れたことを言うと
笑いを誘えたりしますよね。

私たちは普段使っている日本語ですらも
無意識に先を予想して話を聞いているんです。

しかし、英語になると予測する力が
機能しなくなります。

「すべてを聞き取らないと
何を言っているのかがわからない」

もしあなたがそうであれば、相手の話を
先に予測することができていないから
かもしれません。

もしそのままだと
一生リスニングが身につかないかもしれません。

なぜなら、先を予測することができない人にとって
「すべての音声を100%理解できるまで
何が言いたいのかわからない」
ということになるからです。

聞き取れた単語をつないでだいたいの意味を把握する

推測する力を身につけるために
聞き取れた単語をつなぐ
ということを実践してみてください。

100%聞き取ってからではなく
音声の中で聞き取れた単語同士を関連させて
何が言いたいのかを予測していくんです。

例えば、「beach」「Sea」
などが聞こえれば海に関連する内容だと
推測ができますよね。

その前提があると突然サーフィンなどの
単語が出てきても違和感がありません。

推測するために単語をグループ化して覚える

推測をするのにてっとり早いのは
単語を関連させて覚えることです。

・ビジネスに関連する単語
・お店での会話に関する単語
・動物に関わる単語

工夫次第でいくらでもグループ化できますよね。

そして、そのグループの中の単語ひとつが
音声に出てきたときに
関連する単語をパッと浮かべて
どんな内容が来るかをより早く推測ができます。

ハンバーガーという単語が出てくれば
少なくとも食事に関する話題であることが
わかってきますよね。

そのあとに続く内容を予測する助けになるんです。

ぜひ単語を覚えるときにグループ化して
覚えてみてください。

個人的には紙にマインドマップを書いて
丸で囲んで覚えるのがオススメですよ。

分野別に単語を分けた参考書もよくあるので
そちらを使ってもいいですね。

ネイティブですらも100%聞き取れているわけではない

英語には国ごとになまりなどがあります。

ぜひ以下の動画を見てみてください。
ニュージーランド航空の機内安全の動画です。

ニュージーランド航空の「壮大すぎる機内安全ビデオ」

ニュージーランド特有のなまりが強くて
私は最初聞き取りにくかったです。

また、ネイティブの友達と洋画を見ていて
聞き取れない音声があったときに

「今、なんていったのかな?」

「さぁ、よく聞き取れなかった」

なんてこともざらにあります。

ネイティブですらも100%聞き取れることは
まれなんです。

完璧に聞き取ろうとするのではなく
「大意を把握する」ことに
力を注いでみてください。

「なんとなくこういうことを
言ってるんだろうな」

と考えることから始めてみてくださいね。

今回お伝えした「予測する力」は
リスニングの力を伸ばすためには絶対に
外せないポイントです。

少しづつ身につけていって
リスニングを得意にして
会話をスラスラ聞き取れるようになりましょう。

では

リョウ

『最短最速で英語を話せるようになる秘訣』とは?

日本にいながら
独学で英語を話せるようになる。

私はそれを極めて短期間で
達成することができました。

 

思ったことを英語で
好きなだけしゃべれるようになったおかげで、

ニューヨーク出身の日本好きな
インスタグラマー女子と
岐阜の旅館に2泊3日の
インスタ写真撮影旅行に行ったり、


旅先のバックパッカーで出会った
トルコ人と意気投合。

彼の家にお邪魔して、
ヒマワリのタネとコーラを食べる
トルコ流のホームパーティーを楽しんだり。


それまで緊張して
話しかけることすら怖かった
「海外で暮らしている外国人」と


自然な会話ができるようになって
グッと世界が広がりました。


・・・ですが、最初から英語が
得意だったわけでありません。


同級生に英語の発音を
笑われるほど
絶望的な英語センス。

センター試験の英語はギリギリ6割。

英語の先生に
「君に英会話は難しいかもね・・・」
苦笑いされた思い出もあります。

 


「じゃぁなんでそこから
話せるようになったの?」


ひとことで言えば、

 

『本物の英語』を
『正しいやり方』で吸収したから

 

と答えます。

 

「勉強したからではない」

のがポイントです。

 

それを知って
「ハロー」しか言えないレベル
だったところから、

わずか数ヶ月でスラスラと
英語が出てくるようになりました。

 

自分でも「そんなバカな!」
思ってしまいます。


ただ、ココだけの話ですが

=======

「英語が話せるようになるかどうか」


を決めるのは

 

「勉強した量」ではありません。


「いかに適切なやり方をしたか」です。

======


ようするに
がんばっているかどうかは

『話せるようになるか』とは
あまり関係ないんです・・・。

 

ズレたやり方をしていたら
ずっとズレたまんま。

 

ただそれだけの話なんです。

 

もしそれを知らないままだったら・・・。
と思うとゾッとします。


なぜならそのちょっとした違いだけで、

 

ずっと文法書をめくって
単語を覚えては忘れて・・・を
ひたすら繰り返し続ける


『終わりのない勉強地獄の生活』
を続けることになるのか

 


それとも、生きた英会話を
最速で身につけて海外に飛び出し、


自分とはまったく違う考え方で

生きている海外の人たちと深く通じ合って
人生観をガラッと変える経験をするのか。

 


その違いを決定づけてしまうからです。


本当に「理不尽だな」と思います。


そこで今回は

「Breaking the Limit」
(言葉のカベをぶち壊せ!)
というタイトルで

 

「私が英語を話せなかった頃から、
どうやってムダな遠回りを避けて
最短最速でネイティブとも
深い話ができるようになったのか」

 

ゼロから英語を話せるように
なるまでの実体験を

全250ページでまとめてみました。

 

英語を話せる実力を身につけて、
海外を120%楽しめる人を増やすための
期間限定キャンペーンということで、


元々1500円の書籍を
無料でお渡ししています。


どこにも語られていない
私の実体験からの学びを
お伝えしているので、
そのへんの本よりよっぽど
タメになると思います。

 


「英語ってこんな感じで
話せるようになるんだ!

 

という感覚を掴みたい人は
是非手にとって読んでみてください。

 

ストーリー調で書いているので
15分くらいでサクッと読めます。

 

「3日でリスニングが上達しました!」

「感動しました!」

 

と評判です。

 


『英語力ゼロの学生が
最短最速で
言いたいことを
英語で
言えるようになった方法』
はコチラから受け取れます。

 

ただ、1つ注意です。

プライベートな内容も盛り込んでいるので、
期間限定のみでのお渡しにしようと
考えています。

具体的にいつとは決めていませんが、
近いうちに有料に戻す予定です。


英語センスゼロ。
英会話ど素人。
ヘタクソな発音。

そんな大学生でもわずか半年で「本当に使える」英語を身につけられた『最強の戦略』

もし、これまでいくら勉強しても英語を話せるようにならなかったとしたら、「戦略」が足りていなかった”だけ”かもしれません。

ココで「話せるようになるための最短ルート」を手に入れてみてください。


ABOUTこの記事をかいた人

「言いたいことが英語で好きなだけ言える」

そんな小さな変化が人生をガラリと変えるキッカケになります。

ロボットみたいなフレーズ会話ではなく、「本当に使える英語」を身につける。それが私の目標でありこのブログの理念です。

英語のセンスがないと否定され、狂ったように勉強しても話せるようにならず何度も挫折してあきらめそうになりました。

そこから独学で英語を話せるようになり、海外にフラッと旅に出られるようになり、世界各地のいろんな人との出会いを通じて人生がさらに楽しくなりました。

ここでは「どうすれば英語を話せるようになるの?」と昔の自分のように悩んでいる人に向けた実体験ベースの独学英会話講座を発信しています。

おかげさまでメルマガ購読者は述べ300名を超えました。

[リョウの詳しいプロフィールはコチラをクリック]