読めるけど話せないレベルから1日5分を続けて自信たっぷりに英語を話せるようになる方法

  • 英語を多少は勉強してきたつもりなのに、なぜいざとなると話せないのか。
  • どうして話そうとすると何もでてこないのか。
  • 今まで多少なりとも英語の勉強をしてきたのに、いざとなるととっさに受け答えができない。

 

 

私も話せなくて落ち込むことがめちゃくちゃありました。

ネイティブの人を目の前にすると、簡単な質問でも難しく感じて口を開くことができないんです。

 

ただ、もし今の自分が以前の自分に声を掛けるなら「なんてもったいないことをしてるんだ!」と言います。

なぜなら、その時の自分に欠けていたのは、単純に実践した量だけだったからです。

そこで今日は、がんばって英語を勉強しているのに、なぜか話せるようにならないというわけの答えと、ネイティブからの質問にさらさらっと答えられるようになるトレーニングについてお伝えします。

英語が「わかる」と英語が「話せる」の違いを知らないと・・・

ずっと英語を勉強してきたのに話せないという「真面目でいい人」にありがちなこと。

それは、思っているほどアウトプットができていないということです。

つまり、めちゃくちゃ勉強はしていても、会話になると話したい英語が出てこないのは、使える英語を身につけることがうまくいっていないからなんです。

 

使える英語 と わかる英語 は違います。

 

ただ、お勉強は大切です。英語の意味がわかっていないと使えないのは当たり前ですよね。

例えば、日本人に日本語を間違って教わった外国人が「キモい」という言葉の意味を知らずに使いまくってたらやばいじゃないですか。

わかっているというのは話すための英語の前提になります。

おそらくあなたは、中学、高校と多少なりとも勉強してきたはず。でも、今はあまり話せなくて自信を失くしているかもしれません。

でも、落ち込む必要はありませんよ。

 

むしろ今まで勉強してきたからこそ、これから一気にグーンと成長できるからです。

 

外国の人と話す時に「日本人ほど文法を勉強している国はないね」なんて皮肉もたまに言われます。笑

それほど日本の英語に対する姿勢は「勉強」になってるんです。

ということは、基礎は固まっているはず。

あとはどんどん声に出して実践していけばいいんです。

 

とはいっても、なかなか具体的なやり方がわからないかもしれないので、私が実際にやっていた方法をステップごとに紹介しますね。

 

話せる英語にするためにめちゃくちゃ大事な一歩目は「目標設定」にある

話せる英語にするためにまずすべきことは、実は目標設定にあります。

なんだ、そんなの普通すぎる。なんて思ったかもしれません。

 

実はここだけの話、目標を立てることがきちんとできていない人ほど、知らないうちにどんどん遠回りをしています。

 

よく、「英語をペラペラになりたいです」と大学生や高校生の方からメールで相談をもらうことがあります。

そして「英語をペラペラになりたいです」と言っている方にどれだけアドバイスをしても、話せるようになったという報告が届いていないんです。

これって、たまたまだと思いますか??

 

ちょっと考えてみましょうか。

ペラペラな英語が話せる人ってどんな人なんでしょうね。

なんとなくイメージが湧きますか?

例えば、発音がとってもキレイな人でしょうか?

それとも、ネイティブ並みにイディオムやスラングを使いこなせている人でしょうか?

 

ペラペラという基準は人によってかなり違いがあります。

つまり、めちゃくちゃあいまいな目標なんですね。

ベスト・オブ・あいまいな目標です。

 

例えば、ゴールのないマラソンって想像できますか?

 

いくら走っても走ってもゴールテープが見えてこない。

 

でも、とりあえず目の前をひたすら走り続けるだけ。

 

これをやってしまっている人が「ペラペラになりたい」という目標を立ててしまう人なわけです。

 

ペラペラ=完璧な人

とすると、そもそも完璧な人なんていませんから、追いかけているところにゴールなんてありません。

にもかかわらず、

「とりあえず」単語帳をやろう

「とりあえず」文法かな

「とりあえず」フレーズを丸暗記だ!

と、「とりあえず」勉強を始めてしまうんです。

 

別に、目標を立てることが悪いと言いたいわけではありませんよ。

ただ、「ペラペラな英語を身につけるぞ!」と決めても、なんかイマイチ自分にできそうな感じがしませんよね。

 

そこで、もっと親しみやすい自分だけの目標をサクッと立ててみてください。

いざ立ててみるとわかるのですが、どんな単語が必要だとかがかなりはっきりしてきます。

 

 

ちなみに、当時の私が立てていた目標は「海外の大学生と英語でディスカッションができるようになる」でした。大学にいって英語をやるくらいなら、海外でもディスカッションできるくらいの実力を身につけようと思ったからです。

英会話の目標設定は具体的であればあるほどいいです。

どんな英語を身につける必要があるのか、具体的にイメージとして目に浮かべることができるからですね。

誰と、どこで、いったいどんな風に話しているのか。

こうやって目標をはっきりさせて、頭の中でゴールに到着してみましょう。

あなただけのゴールを想像してみることで、本当に必要なボキャブラリーや言い回し、会話の内容がどんどんくっきりしてきます。

あとはそれを身につけることに集中して練習していけば、確実に目標へ近づいていくことができます。

ただし、ここまではファーストステップ。第一歩目ですよ。

話せない英語を克服するために、英語の瞬発力を鍛える練習をしよう

次は具体的なトレーニング方法です。

使える英語を身につけるためには英語の瞬発力を鍛えるのが最短ルートです。

よく、英会話で自然に口から英語が出てくるなんて言い回しがありますよね。

そんなことあるのかって思うかもしれませんが、実はあるんです。

 

自然に口から英語を出せるようになるために、英語の瞬発力を鍛えることがかなり大切なんです。

 

例えば、「Good Morning」というフレーズがあったとして、とっさに「おはよう」とわかるのはなぜでしょうね?

おそらく、日常英会話ができなくてもあいさつならすぐできますよね。

 

では、「ジェアグゥィチエルモジン!」

ならどうですか。

 

えー、何を言ってるのかさっぱりですよね。

そもそもあいさつなのかっていう・・・。

 

実はこのフレーズはアイルランド語で「おはよう」って意味です。

通訳を目指して大学の英文科に入った友人から突然言われてびっくりしました。

 

実はあなたはすでに

「Good Morning」=「おはよう」と一瞬で認識できている。

つまり、英語の瞬発力が身についているんです。

 

「Good Morning!」って言われて言い返すことができるわけですから。

 

ただもしかすると、あいさつが簡単だからできるんだと思うかもしれませんね。

ちょっと日本語で考えてみてみましょうか。

 

ふだんの日常会話で、「ちょっと、君は自分自身について過大評価しすぎじゃない?」なんて難しい言い回し、使いませんよね?

 

そんなややこしい言い方よりも、たったひとこと「ちょっと、ナルシストになってない?」と言えばすぐわかるはずです。

 

たいてい、自分の周りにいる人が分かるカンタンな言い方をするのではないかと思います。

このカンタンというのがポイントです。

よくある中学生でもわかる日本語ですね。

 

これと同じことがネイティブでも起きているわけです。

これまで、アフリカ、フランス、インド、オーストラリア、アメリカなどなど5大陸の人たちと会話をする機会がありましたが、難しい言い回しなんてほぼありません。

ちなみにその「ほぼ」の部分は私の目標だった「海外の大学生とディスカッションした時」でした。国際問題について議論するフォーラムみたいなのに参加して実現することができました。

つまりは、ネイティブだからといって別に難しい言い回しをしているわけではないってことです。

 

なので、瞬発力を鍛えるなら、めちゃくちゃ簡単な言い回しから特訓していくのが近道です。

かっこいいからって変に難しい言い回しを覚えようとするのではなく、シンプルで応用が利くフレーズを集中して使っていくんです。

 

あなたがすでに言えている「Good Morning」のように、かんたんなフレーズを使えるようになれば、自然に受け答えができるようになっていきます。

と、前置きが長くなってしまいましたが、私がやっていた具体的な方法はこんな感じです。

  1. 覚えたいフレーズを1つ選ぶ
  2. 気持ちをめちゃくちゃ込めて声に出す

これだけです。

が、かなり重要です。

これ、実は英会話の本質をついた練習方法なんです。

「気持ちを込める」というのがミソなんですけど、やればやるほど、使えるフレーズがみるみる増えていきます。

とは言ってもわかりにくいと思うので例を紹介しますね。

 

1. まずはあなたが話したいフレーズを選びます

これは先ほどもお伝えした具体的な目標に沿ったもので考えていきます。

今回は「海外大学生とディスカッション」を例に考えてみてみましょうか。

例えば、授業で議論をしている場面で、

「I totally agree with you 」(大賛成だ!)

を使う場面を想像してみてください。

2. 気持ちをめちゃくちゃ込めてみる

フレーズをひとりごとでもいいから、イメージしながら使ってみる。

 

この時に大切なのは、目の前に誰かがいるつもりで話しかけることです。

演じてください。

演じきってください。

あなたは人気俳優です。

 

「I totally agree with you because I have also same experience like what you said.」
(めっちゃ賛成するよ。私も同じ経験をしたことがあるから。)

といった感じで声に出してみます。

この時のコツは、できるかぎり「リアル」に気持ちを込めて使っていくことです。これができているかいないかだけで、雲泥の差が生まれます。

なぜなら、自然に英語が出てくる時というのは気持ちがセットになることが多いからです。

嬉しい時は
Happy!!
So much fun!!!

悲しい時は、
It’s so sad…

などですね。

こんな簡単なフレーズでも役者ばりに気持ちを込めて練習すると、実際の英会話でも自然にフレーズが出てくるようになります。

これを1日1つづつ5分やるだけです。(すいません、5分もいらないですね。30秒で十分です。)

コツコツ続けていくと、30日で30個のフレーズが覚えられます。

 

ただし、ここでカン違いしないでくださいね。今までのただの点数獲得のための丸暗記フレーズとはわけが違います。自然な会話の流れでパッと出てくるフレーズが簡単に身につくんです。

 

これを1年間続ければ・・・おわかりですね?

 

自由自在に使えるフレーズが365個身につくってことです。

 

それはだいたい普通のフレーズ本1冊分です。しかも簡単なフレーズだけでいいんです。1日1つづつ、たった5分を続けて「使える英語」を身につけていきましょう。

英語の瞬発力を鍛えるために、気持ちを込めることを意識してフレーズを練習してみてください。

英会話の時に自然とフレーズが使えるようになっているのを実感すると思います。

では

リョウ

『最短最速で英語を話せるようになる秘訣』とは?

日本にいながら
独学で英語を話せるようになる。

私はそれを極めて短期間で
達成することができました。

 

思ったことを英語で
好きなだけしゃべれるようになったおかげで、

ニューヨーク出身の日本好きな
インスタグラマー女子と
岐阜の旅館に2泊3日の
インスタ写真撮影旅行に行ったり、


旅先のバックパッカーで出会った
トルコ人と意気投合。

彼の家にお邪魔して、
ヒマワリのタネとコーラを食べる
トルコ流のホームパーティーを楽しんだり。


それまで緊張して
話しかけることすら怖かった
「海外で暮らしている外国人」と


自然な会話ができるようになって
グッと世界が広がりました。


・・・ですが、最初から英語が
得意だったわけでありません。


同級生に英語の発音を
笑われるほど
絶望的な英語センス。

センター試験の英語はギリギリ6割。

英語の先生に
「君に英会話は難しいかもね・・・」
苦笑いされた思い出もあります。

 


「じゃぁなんでそこから
話せるようになったの?」


ひとことで言えば、

 

『本物の英語』を
『正しいやり方』で吸収したから

 

と答えます。

 

「勉強したからではない」

のがポイントです。

 

それを知って
「ハロー」しか言えないレベル
だったところから、

わずか数ヶ月でスラスラと
英語が出てくるようになりました。

 

自分でも「そんなバカな!」
思ってしまいます。


ただ、ココだけの話ですが

=======

「英語が話せるようになるかどうか」


を決めるのは

 

「勉強した量」ではありません。


「いかに適切なやり方をしたか」です。

======


ようするに
がんばっているかどうかは

『話せるようになるか』とは
あまり関係ないんです・・・。

 

ズレたやり方をしていたら
ずっとズレたまんま。

 

ただそれだけの話なんです。

 

もしそれを知らないままだったら・・・。
と思うとゾッとします。


なぜならそのちょっとした違いだけで、

 

ずっと文法書をめくって
単語を覚えては忘れて・・・を
ひたすら繰り返し続ける


『終わりのない勉強地獄の生活』
を続けることになるのか

 


それとも、生きた英会話を
最速で身につけて海外に飛び出し、


自分とはまったく違う考え方で

生きている海外の人たちと深く通じ合って
人生観をガラッと変える経験をするのか。

 


その違いを決定づけてしまうからです。


本当に「理不尽だな」と思います。


そこで今回は

「Breaking the Limit」
(言葉のカベをぶち壊せ!)
というタイトルで

 

「私が英語を話せなかった頃から、
どうやってムダな遠回りを避けて
最短最速でネイティブとも
深い話ができるようになったのか」

 

ゼロから英語を話せるように
なるまでの実体験を

全250ページでまとめてみました。

 

英語を話せる実力を身につけて、
海外を120%楽しめる人を増やすための
期間限定キャンペーンということで、


元々1500円の書籍を
無料でお渡ししています。


どこにも語られていない
私の実体験からの学びを
お伝えしているので、
そのへんの本よりよっぽど
タメになると思います。

 


「英語ってこんな感じで
話せるようになるんだ!

 

という感覚を掴みたい人は
是非手にとって読んでみてください。

 

ストーリー調で書いているので
15分くらいでサクッと読めます。

 

「3日でリスニングが上達しました!」

「感動しました!」

 

と評判です。

 


『英語力ゼロの学生が
最短最速で
言いたいことを
英語で
言えるようになった方法』
はコチラから受け取れます。

 

ただ、1つ注意です。

プライベートな内容も盛り込んでいるので、
期間限定のみでのお渡しにしようと
考えています。

具体的にいつとは決めていませんが、
近いうちに有料に戻す予定です。


英語センスゼロ。
英会話ど素人。
ヘタクソな発音。

そんな大学生でもわずか半年で「本当に使える」英語を身につけられた『最強の戦略』

もし、これまでいくら勉強しても英語を話せるようにならなかったとしたら、「戦略」が足りていなかった”だけ”かもしれません。

ココで「話せるようになるための最短ルート」を手に入れてみてください。


ABOUTこの記事をかいた人

「言いたいことが英語で好きなだけ言える」

そんな小さな変化が人生をガラリと変えるキッカケになります。

ロボットみたいなフレーズ会話ではなく、「本当に使える英語」を身につける。それが私の目標でありこのブログの理念です。

英語のセンスがないと否定され、狂ったように勉強しても話せるようにならず何度も挫折してあきらめそうになりました。

そこから独学で英語を話せるようになり、海外にフラッと旅に出られるようになり、世界各地のいろんな人との出会いを通じて人生がさらに楽しくなりました。

ここでは「どうすれば英語を話せるようになるの?」と昔の自分のように悩んでいる人に向けた実体験ベースの独学英会話講座を発信しています。

おかげさまでメルマガ購読者は述べ300名を超えました。

[リョウの詳しいプロフィールはコチラをクリック]