英作文で「実力」を身につけたい人のための超効果的なドラゴンイングリッシュの使い方

今日は、「実践的な英作文のコツ」について書いていきます。

ドラゴンイングリッシュを使えば「英語で文章を作るための『コツ』を得ることができます。

私はこの参考書に大学受験の推薦入試でめちゃくちゃお世話になりました。

どうしても国際系の学部に入りたくて、それまで一度もやったことのなかった英語の小論文に生まれて初めて挑戦したんです。

もちろん最初はボロボロでしたけどね。ドラゴンイングリッシュを徹底的に使い倒したので、今でも通用する実践的なライティングの基礎を身につけることができました。

 

留学先での課題レポート作成にも活かせています。

 

そこで今回は、英作文が苦手だけどスラスラ書けるようになりたい、という人向けにドラゴンイングリッシュの私流の使い方をお伝えします。

ドラゴンイングリッシュを使えば、英語で実践的な文章を作るための「コツ」を手に入れられます。

英語で作文するなら丸暗記はムダになる

この参考書のフレーズをひと通り丸暗記したところで、突然英語がスラスラ書けるようにはなりません。

英作文に必要なのは丸暗記ではないからです。

英作文を丸暗記に頼ろうとするのは、覚えた言葉ばかりをひたすら繰り返すオウムみたいなものです。「おはよう」といったん覚えると昼だろうが夜だろうが「おはよう」しか言えないんです。

つまり、覚えたままの文章は書けても、ちょっと応用をきかせて別の言い方をすることができないままになります。

文章を丸覚えしても英語で文章を書けるようにはなりません。

丸暗記よりも大切なのは、いいたい日本語に合わせて英語を組み立てるようになることです。

「それが難しいから困ってるんだよ!』なんて思ったかもしれませんね。ただ、慣れればカンタンです。日本語を英語に言い換える流れさえつかめればいいわけですから。

今まで覚えてきた単語・フレーズ・熟語をどう組み合わせればいいかという「応用力」を鍛え上げればすぐに英語で文章が作れようになります。

英文を組み立てる土台をドラゴンイングリッシュで手に入れる

ドラゴンイングリッシュを丸暗記しても、まったくレベルアップはできません。丸暗記がこの本の目的ではないからです。

使い方を間違えたままだと、あなたがこれまで買ってきた他の参考書と同じように本棚に埋もれていくことになります。

この本の本当のスゴさは英語で文章を生み出す思考のプロセスを体験できることにあります。

つまり、「英語でどうやって作文をするか?」と頭の中で考える流れを体験できるんです。なぜなら、解説がこれ以上ないほどめちゃめちゃ詳しく書いてあるからです。

この思考の流れを体験すればするほど、あなたの英作文のセンスが磨かれていきます。

ドラゴンイングリッシュの超効果的な使い方

ドラゴンイングリッシュで英作文がスラスラできようになるために3つのステップを意識して取り組むのが効果的です。

  • 自分なりの英文を作る
  • ページを見て答え合わせをする
  • 解けなかった理由を考える

ちなみにもっとも大切なのは3つ目です。

「なぜ、うまく英文が作れないのか?」という疑問は、参考書にある回答を読めばすべてはっきりします。

選手がスポーツの大会で試合に負けた理由を分析しないなら、何も成長しません。それと同じように、失敗から何かを学び取らない限り永遠に成長することはありません。

ドラゴンイングリッシュはいつも厳しいけどたまには優しいコーチみたいなものです。どんどんコーチから学びとっていってください。

まずは日本語文を読んで自分なりの英文を作ってみます。隣のページに答えが書かれていますが、いきなり答えを見ても何の意味もないので手で隠しながらやってみてください。

英語学習を始めたばかりだと、そもそも何をどう書けばいいのかわからないと思います。なので、そういった人は答えを「分析する」ことから始めてみてください。文章をフレーズごとに分解して覚えていくんです。「なぜその答えにたどり着けたのか?」という解説までしっかりと書いてあるのでそれをむさぼるように読むのがオススメです。

 

ドラゴンイングリッシュを使ってみた例

では実際に例を挙げてみましょう。

例えば、ドラゴンイングリッシュの最初の問題の日本語文は

「ウイスキーのボトルを二本も空けて運転するのは危険だ。」

です。

飲酒運転はダメ、絶対。ってことですね。

これをいきなり英語にしようとすると失敗します。どこから訳したらいいのかわからないからです。

なのでまずはもっとカンタンな日本語に直してみます。この問題は比較的短いので、意味のまとまりごとに分解します。

 

「ウイスキーのボトルを二本も空けて」

「ボトルを2本も空ける」というのはもっとわかりやすくいうと「2本も飲んだ」ということですよね。

なので、

drink two whisky bottles

という表現が良さそうです。

 

「運転する」

次に、「運転する」です。これをそのまま訳すとdriveですね。

ただ、何をドライブするのかと言われると、この場合は「車」が良さそうです。

なので、drive a carが適当だと考えました。

 

「(~する)のは危険だ。」

「〜のは危険だ」は「(それ)をするのは危険だ」と言い換えてみます。

It is dangerous

にしてみます。

 

あとは意味が通りやすいように並べかえるだけです。

It is dangerous to drive a car after drinking two whisky bottles.

 

 

「ウイスキーのボトルを二本も空けて運転するのは危険だ」

「ウイスキーを2本も飲んだ後(車を)運転をするのは危険だ」

 

 

と言い換えて英語の文章にしてみました。

ページに描いてある正解はこんな感じです。

本の回答:

It would be dangerous to drink two bottles of whiskey and drive a car.

作った回答

It is dangerous to drive a car after drinking two whisky bottles.

先ほど自分で作ってみた文章をと比べて、

  • 時制の表現の仕方が違うこと
  • 2つの行為(「ウイスキーを飲んだ」と「車を運転する」)の並べ方が違う

に注目して解説を読んでいきます。

ここで大切なことは、答えを丸暗記することではありません。

 

なんでその答えになったのか」という流れを理解するほうがよっぽど大切です。

 

どうしてその表現になったのか。他にどんな正解があるのか。などドラゴンイングリッシュの解説に他の参考書とは比べ物にならないくらい詳しく書いてあります。

なので、あなたの書いた文章と解答例の「違い」に注目してください。そうしなければいつまでたっても、どんなに頑張っても英作文はできるようにはなりません。

なので、

 

  1. 日本語だけでまず自分なりの英文を作る
  2. 答え合わせをする
  3. 解けなかった要因を考える

 

この3つの流れは必ず実行してください。後になってあなたの実力になってくれますから。

そもそも問題文をどう英文に直せばいいのかわからない

とりあえず始めてみても、日本語の問題文をどう英文に直せばいいのかわからなくて手が止まってしまいます。

もしそうなら試して欲しいことがあります。

 

それは、例でも示したように問題文をいったんカンタンな日本語に直してみることです。

 

わかりやすい言葉に直すことで、たとえわからない単語があってもスラスラ英文に直せるようになります。

 

例えば、「留学する目的」という表現をどう英語に直しますか?

仮に「目的」という単語を知らなくても「留学する理由」と言い換えることができれば「The reason of going abroad」でも十分意味が通りますよね。

 

なので、「知っていないと書けない」と思考停止するのではなく、「どうやったらカンタンに言い換えられるだろうか」を常に考えて文章を作ってみてください。

いったんわかりやすい日本語に直す工夫を身につけられれば、英語で文章を作る手が止まることは無くなるはずです。

使えそうなフレーズを貯める

ここまでお疲れさまでした。最後に仕上げです。英作文を鍛えるためにいちばん大切なことをお伝えしておきます。

 

英作文まで終わったらすぐにやるべきことはフレーズを覚えることです。

 

ドラゴンイングリッシュはオリンピックに選抜された選手のように、選りすぐりのフレーズがちりばめられています。

数ある英文の中でたった100コしか選ばれていないですから。

なので、そのフレーズを覚えてあなたの言いたいことに応用できるように、例文をフレーズに分解して覚えるんです。これが英作文を鍛えるためにいちばん大切なことです。

 

例えば、例題でも示した「It is would be dangerous」というフレーズを覚えていれば、こんな言い回しが可能になります。

dangerousを別の単語に入れ替えて

 

It is would be lucky to meet my favourite girl on the bus.
(気になっている女性とバスで会えたら幸運だなぁ。)

 

It is would be happy to eat a pudding.
(プリンが食べられれば幸せだなぁ。)

It is would be honoured to be here such a this great conference.
 (このような素晴らしい会議に参加できて光栄です。)

 

のような言い回しに代えられます。

ここまで読んでくれたあなただけに大切なことをお伝えしておきます。上で示したように覚えたフレーズを応用」をするクセをつけると、英作文が2倍、3倍の速度で身につくようになります。応用できるということはすでに自分で使いこなせるということですから、丸暗記だけで終わっている人たちと圧倒的な差をつけられますよ。私とあなただけのヒミツです。

フレーズの構造ごとに覚えておけば、言いたいことに合わせてフレーズを組み合わせるだけで文章はできあがりです。

あとは細かい単語を入れ替えるだけで完成します。なので、例文を丸暗記するよりは、「フレーズごとに分解して覚える」方がすぐに使える実践力につながります。

まとめ

ドラゴンイングリッシュを使って英作文のコツを習得しましょう。実践的な英作文が身につけば、言いたいこと思いついたことをスラスラ英語で表現できるようになります。

大切なのは丸暗記ではありません。英文同士を自由自在に組み合わせる「応用力」を身につけることです。

なので、「う~ん・・・」と悩んだ時間の分だけレベルアップできます。悩めば悩むほど、「えっ、こんなカンタンな表現でいいの!?」と発見できますから。

ぜひドラゴンイングリッシュを活用して、ノンストップで英語が書けるようになりましょう。

では

リョウ

『最短最速で英語を話せるようになる秘訣』とは?

日本にいながら
独学で英語を話せるようになる。

私はそれを極めて短期間で
達成することができました。

 

思ったことを英語で
好きなだけしゃべれるようになったおかげで、

ニューヨーク出身の日本好きな
インスタグラマー女子と
岐阜の旅館に2泊3日の
インスタ写真撮影旅行に行ったり、


旅先のバックパッカーで出会った
トルコ人と意気投合。

彼の家にお邪魔して、
ヒマワリのタネとコーラを食べる
トルコ流のホームパーティーを楽しんだり。


それまで緊張して
話しかけることすら怖かった
「海外で暮らしている外国人」と


自然な会話ができるようになって
グッと世界が広がりました。


・・・ですが、最初から英語が
得意だったわけでありません。


同級生に英語の発音を
笑われるほど
絶望的な英語センス。

センター試験の英語はギリギリ6割。

英語の先生に
「君に英会話は難しいかもね・・・」
苦笑いされた思い出もあります。

 


「じゃぁなんでそこから
話せるようになったの?」


ひとことで言えば、

 

『本物の英語』を
『正しいやり方』で吸収したから

 

と答えます。

 

「勉強したからではない」

のがポイントです。

 

それを知って
「ハロー」しか言えないレベル
だったところから、

わずか数ヶ月でスラスラと
英語が出てくるようになりました。

 

自分でも「そんなバカな!」
思ってしまいます。


ただ、ココだけの話ですが

=======

「英語が話せるようになるかどうか」


を決めるのは

 

「勉強した量」ではありません。


「いかに適切なやり方をしたか」です。

======


ようするに
がんばっているかどうかは

『話せるようになるか』とは
あまり関係ないんです・・・。

 

ズレたやり方をしていたら
ずっとズレたまんま。

 

ただそれだけの話なんです。

 

もしそれを知らないままだったら・・・。
と思うとゾッとします。


なぜならそのちょっとした違いだけで、

 

ずっと文法書をめくって
単語を覚えては忘れて・・・を
ひたすら繰り返し続ける


『終わりのない勉強地獄の生活』
を続けることになるのか

 


それとも、生きた英会話を
最速で身につけて海外に飛び出し、


自分とはまったく違う考え方で

生きている海外の人たちと深く通じ合って
人生観をガラッと変える経験をするのか。

 


その違いを決定づけてしまうからです。


本当に「理不尽だな」と思います。


そこで今回は

「Breaking the Limit」
(言葉のカベをぶち壊せ!)
というタイトルで

 

「私が英語を話せなかった頃から、
どうやってムダな遠回りを避けて
最短最速でネイティブとも
深い話ができるようになったのか」

 

ゼロから英語を話せるように
なるまでの実体験を

全250ページでまとめてみました。

 

英語を話せる実力を身につけて、
海外を120%楽しめる人を増やすための
期間限定キャンペーンということで、


元々1500円の書籍を
無料でお渡ししています。


どこにも語られていない
私の実体験からの学びを
お伝えしているので、
そのへんの本よりよっぽど
タメになると思います。

 


「英語ってこんな感じで
話せるようになるんだ!

 

という感覚を掴みたい人は
是非手にとって読んでみてください。

 

ストーリー調で書いているので
15分くらいでサクッと読めます。

 

「3日でリスニングが上達しました!」

「感動しました!」

 

と評判です。

 


『英語力ゼロの学生が
最短最速で
言いたいことを
英語で
言えるようになった方法』
はコチラから受け取れます。

 

ただ、1つ注意です。

プライベートな内容も盛り込んでいるので、
期間限定のみでのお渡しにしようと
考えています。

具体的にいつとは決めていませんが、
近いうちに有料に戻す予定です。


英語センスゼロ。
英会話ど素人。
ヘタクソな発音。

そんな大学生でもわずか半年で「本当に使える」英語を身につけられた『最強の戦略』

もし、これまでいくら勉強しても英語を話せるようにならなかったとしたら、「戦略」が足りていなかった”だけ”かもしれません。

ココで「話せるようになるための最短ルート」を手に入れてみてください。


ABOUTこの記事をかいた人

「言いたいことが英語で好きなだけ言える」

そんな小さな変化が人生をガラリと変えるキッカケになります。

ロボットみたいなフレーズ会話ではなく、「本当に使える英語」を身につける。それが私の目標でありこのブログの理念です。

英語のセンスがないと否定され、狂ったように勉強しても話せるようにならず何度も挫折してあきらめそうになりました。

そこから独学で英語を話せるようになり、海外にフラッと旅に出られるようになり、世界各地のいろんな人との出会いを通じて人生がさらに楽しくなりました。

ここでは「どうすれば英語を話せるようになるの?」と昔の自分のように悩んでいる人に向けた実体験ベースの独学英会話講座を発信しています。

おかげさまでメルマガ購読者は述べ300名を超えました。

[リョウの詳しいプロフィールはコチラをクリック]